トップニュース

オーストラリア、オリンピックのウォームアップ決勝で日本に敗れ

2020東京オリンピックを控えたオーストラリアの最後のウォームアップ試合が京都の酸価スタジアムで行われた開催国の日本に1-0で敗れた。

岩渕マナのペナルティで十分だった。 Nadeshiko 勝利を確保するために。 マチルダスの監督トニー・グスタフソンは前半に攻撃陣を配置した。

ホストの強力な守備ブロックは崩し難しかったが、オーストラリアは、数回のチャンスを作った。

日本のゴールで山下彩花が20分ケイトゥルリンフードのズレシュートを辛うじてつかみ出し。

Sam Kerrが左ウィングを崩し、彼女のクロスが危険な地域に入る時にFoordまたはKyah Simonによってトンインされませんでした。

Nadeshiko 第二先発登板したTeagan Micahと共に前半最大のチャンスを作り出して素晴らしいセーブを見せてくれました。

Yuzuho Shiokoshiのシュートは冷静に主張され、長距離シュートはYuika SugasawaがMicahが落ちる中、手を伸ばしてネット裏でボールを防ぐのを見た。

ニュース:マチルダス東京2020オリンピックチームは、18人から22人に拡大

WATCH:「恍惚」Laura Brockが東京2020のすべての瞬間を満喫しています。

読む:そのチャンピオンになる:Tokyo 2020でMatildasをサポートしてください

高温多湿の条件でGustavsonは後半に6つの変更を適用して、負荷の管理を継続して凝集を作るための組み合わせを試してみました。

Mary Fowler、Lydia Williams、Aivi Luik、Chloe Logarzo、Emily GielnikとAlanna KennedyはSam Kerr、Teagan Micah、Tameka Yallop、Kyah Simon、Caitlin FoordとSteph Catleyに代わって戦いに参加しました。

前半10分経たないうちにアラナケネディのミスで日本はPKを得た。 岩渕マナ(Mana Iwabuchi)がPKを熟考抜い彼女のアーセナル仲間リディア・ウィリアムズ(Lydia Williams)を抜いてゴールを成功させたボールを防げなかった。

岩渕の2021年6点目が日本をリードした。 Mary Fowlerは即時対応をしようとしたが、彼女のシュートは引き続きクロスバー上に上がっていきました。

前半のMicahと同様に、Lydia WilliamsはJun Endoのシュートで片手でバーを越えて、現在最長寿マチルダの安全を確保するための素晴らしいセーブをしました。

Ellie Carpenterは、積極的なスパークを提供しており、多くの場合、ウイングを歩き回って、危険なボールを地域に入れることが可能になったが、オーストラリアと日本の両方ゴール裏側を見つかりません。

今の焦点は、7月21日味の素スタジアムでニュージーランド戦開始されるオーストラリアの2020東京オリンピックキャンペーンになります。

READ  ミスティーノオンラインカジノ評価&ボーナス

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close