スポーツ

オーストラリア、オリンピックソフトボール開幕戦で日本に敗れ

オーストラリアソフトボールチームは、慈悲の法則が発動された福島から日本へ8-1で大敗し、東京オリンピック開幕を知らせた。

Yu Yamamotoは5回裏序盤にフェンスを崩しながら、チームのリードを7失点で引き上げ試合を終えた。

3回と4回、それぞれ内藤みのりと藤田大和の本塁打は2021年のオリンピックの開始を知らせる空の観覧席と、限られたファンファーレが日本に主導権を与えた。

2011年、この地域での地震を経験した地域の学生である桑原マナ(Kuwabara Mana)投手と捕手宮田姫野(Miyata Himeno)が合同式の最初の投球をしました。

オーストラリア監督のLaing Harrowは、2008年から自分のスポーツがオリンピックに復帰することを待っていた自分の容疑の “特権”でオリンピックを開始する責任を説明しました。

機会の感覚は、最初の発掘で五輪メダリストよりも冷静にプレーした精神を恐れていない。

オリンピックの歴史の中の唯一の7イニングパーフェクトゲームを記録した投手上野由紀子(Ukiko Ueno)の異色出発は観覧客が勢いをキャッチするために貢献した。

上野はステイシー・ポッターを四球でエクスポートされた後、打者テイラーチチクロニースとチェルシーフォーキンをヒットした。

Forkinの腕に加えられた打撃は装填されたドールと一緒に発生したが、これはMichelle Coxがトーナメントの開幕戦を獲得したことを意味します。

日本は1回の裏内藤が3失点の最初の得点を記録し、捕手チチクロニースが邪魔を受けタイを記録した。

内藤がカイああパル蝶に2点本塁打を飛ばすまでのゲームは1-1で固定されていました。

その打撃では決して回復していないオーストラリアは、木曜日後半戦でイタリアと対戦しました。

READ  マリナーズのYusei Kikuchiは別の良い出発の勝利を取得します

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close