スポーツ

オーストラリア、韓国、日本、単一のゴールWC予選進出| スポーツ

ソウル、韓国(AP) – オーストラリアが火曜日ハノイで、ベトナムを1-0で下し、アジアワールドカップB組予選第2戦で2勝1敗を記録したが、中国は2連敗の後、不安な姿を見せた。

A組では韓国が水原ワールドカップ競技場で、レバノンを1-0で下し、5日前、イラクを0-0で破った後、初勝利を獲得した。

空のMy Dinhスタジアムで43分でRhyan Grantが遠くポストに走って行ってヘディングをしようとしました。 彼の最初の国際ゴールはSocceroosを5年連続のワールドカップ出場の軌道に乗せました。

ベトナムはこの予選の段階で初めて姿を現わさが、訪問者がリードをとる前に、グラントのハンドボールのペナルティの可能性のVARの検討を含めて、機会がありました。

湿気の多い環境と難しい競技場でベトナムは得点を狙ったオーストラリアゴールでMat Ryanを抜いて道を見つけませんでした。 Mitchell Dukeは終了4分で低いシュートで勝利を確定するようにしたが、得点はオフサイドで除外された。

また、B組で、日本はホームでオマーンに衝撃的な敗北を受け、中国の1-0で快適に勝ったが、得点に失敗した。

Yuya Osakoがハーフタイム直前に近接撮影を成功させ、中国を2連覇に追い込ん入れた、歴代第二のワールドカップに進出する可能性は低いしました。

READ  天皇杯Jクラブに挑戦するアマチュア2チームが決定! 福山市は初出場でベスト8進出! Honda FCはつくばに逆転| ゲキサカ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close