オーストラリアウィニングトン、フリーフォーム400m金メダル獲得

Estimated read time 1 min read

ブダペスト、6月18日(ロイター) – オーストラリアのエリヤ・ウィニングトン(Elijah Winnington)が土曜日、ブダペストで開かれた世界水泳選手権大会の開幕日である400mフリースタイル競技で強力な仕上げをして大会初の個人金メダルを獲得した。

22歳の選手は、ドゥナ・アリーナで銀メダルを獲得したドイツのルーカス・マルテンスより1.63秒速い3分41秒22で完走しました。

ブラジルのGuilherme Costaが銅メダルを獲得したのに対し、前半に予選を支配したオーストリアのFelix Auboeckは、強固な出発にもかかわらず4位を記録するのにとどまった。

これに先立ち、日本のイヌイ・ユキコ(Yukiko Inui)は、第19回世界選手権大会女子個人テクニカルイベントで92.8662点で金メダルを首にかけた。 ウクライナのマルタ・ピエディナが銀メダル、ギリシャのエヴァンジェリア・プラタニオティが銅メダルを獲得した。

当初、日本の福岡で開かれる予定だった世界選手権は、コロナ19余波でハンガリー首都に移って来る7月3日まで続く。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

バンガロールのShrivathsa Sridharの報告、Pritha Sarkarの編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  リチャードデビッドノルス| ニュース、スポーツ、採用情報
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours