オーストラリアゴルフの2つのパイオニア栄誉 – PGA of Australia

Estimated read time 1 min read

McCawの場合、郵便箱には濡れた紙が1枚入っており、彼女がオーストラリアの装飾の一員になる可能性があるという疑惑が確認されました。

「本当に嬉しいです。 最初は少し恥ずかしかったですが、克服しました。 個人的には本当に感激ですが、ゴルフにもある程度反映されます。 数年前、数年前に候補に上がったというささやきを聞いたが、衝撃を受けた」とMcCawは言った。

「ある日、散歩に出かけてメールボックスを振り返ってみると、いやらしい総督の手紙がありました。 数日間メールを確認していません。 最初の手紙は提案です。 私はそれを実際に提案として読んだのではなく、受け入れとして読んで、わずか2〜3週間前に受け入れられたという別の手紙を受け取りました。

「秘密を誓い、誰にも話すことはできませんでしたが、私の友人は実際に彼女に言わなかったが、総督からの手紙を受け取ったと言って、彼女は2つをまとめて組織しました。 女王の誕生日を祝います。」

McCawは彼女の試合中に3つのオーストラリアのフォーサムタイトルを獲得し、1971年から1987年の間に30回以上オーストラリアを代表しました。

彼女が祖国を代表するたびに、McCawは大きな誇りに満ちていましたが、時間をかけてゴルフ旅行で最高の瞬間を思い出したときにすぐに思い出した機会がありました。

「スクラップブックがあります。 私はその期間のすべての写真を持っていて、私がそれをナビゲートしたときに私が反映し、私が非常に誇りに思っているいくつかのものがあります。 おそらく私が最も誇りに思っていたのは、私が女性だったので、オーストラリア – 日本財団の主張として指名された時でした。 それは80年代にあり、それは非常に珍しいことでした。 それはかなり素晴らしかった」と彼女は言った。

「グレッグ・ノーマンがチームにいて、ビリー・ダンクもチームにいたと思います。 簡単に受け入れられる男たちが何人かいましたが、私は素人であり女性であり、大きな栄光だった」と話した。

彼女の優れたキャリアを記念して、McCawは2016年にビクトリアゴルフ業界の名誉の殿堂に捧げられ、Long Island Golf Club(現ナショナルゴルフクラブ)の生涯会員でもあります。 彼女が入った時間。

McCawは今世紀初頭にBendigoでDrummond Golfストアを運営して数年暮らしていましたが、現在はNationalでプレーしており、そこでクラブ名誉の殿堂に上がり、ゲームへの情熱を失っていませんでした。

「私は16歳の時から演奏し、今は72歳、73歳まで行って、まだ昔ほど情熱的です」と彼女は言いました。

「私はうまくいかず、競争もあまり良くありません。 しかし、私はまだプレイに非常に情熱的であり、その価値を理解しています。 運動です。 ソーシャルアウトレットです。 時間があるとき一人で行って遊べます。 他のスポーツには適用されない属性が多すぎます。 それは他のスポーツではありません。」

ハダ博士は国際スポーツ振興協会(ISPS HANDA)の創設者で、オーストラリアのゴルフ界で最も重要な人物の一人です。

彼は今年の栄誉のリストで芸術、教育、スポーツのためのサービスとして一般部門でAOを受賞しました。

HANDA組織はオーストラリアのPGAツアーの命名権スポンサーであり、過去15年間にオーストラリアのトーナメントとプレーヤーの両方の主要なスポンサーでした。

ハダ博士は2006年にISPSを設立し、世界中でスポーツの変革的な力をさらに発展させました。 組織は、視覚障害者や障害者ゴルフに焦点を当てたアーチェリー、ボウリング、ボクシング、サッカー、ゴルフ、ポロ、コーディネート、ラグビー、スイミングのスポーツイベントに資金を提供し促進します。

京都東芝大学経済学科を卒業した後、ハダ博士は武蔵野アカデミア音楽大学で修士課程を踏んで声楽専攻で卒業しました。 彼は西オーストラリアのエディス・コワン大学のWAAPA(西オーストラリア公演芸術アカデミー)で創作芸術の修士号を、中国清華大学芸術デザインアカデミーで文学博士号を取得しました。

彼は、世界中の公共サービスと慈善団体への長い献身と貢献として誇りに思われています。 このような栄誉には、日本の紺色のリボンメダル、中国合唱企業への名誉功労賞、西オーストラリア州の功労勲章、パース市とスワン市の鍵が含まれます。 ハダ博士はまた、イギリスで最も古くて最大の慈善団体である王立盲人研究所(RNIB)の副会長職に日本人で最初に任命された人となりました。

READ  日本、北朝鮮を2-1に破ってパリオリンピック女子サッカー本選進出
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours