スポーツ

オーストラリアソフトボール選手団が試合前のトレーニングのために日本に到着

オーストラリアのソフトボールチームは火曜日に、オリンピック前のトレーニングキャンプのために日本に到着した。 日本の大衆の大多数は、COVID-19ワクチン発売が遅い国で大規模な国際イベントを開催することに反対するからです。

昨年の流行により、オリンピックが延期された後、初めてこのような訓練のために日本に来た代表的なチームは、月曜日シドニーを離れ、日本中部の都市オタ(50マイル)で47日間のキャンプを払いました。 )東京の北西。

代表団のすべてのメンバーは、予防接種を受け滞在期間中、毎日コロナウイルス検査を受ける予定だと、人口は約22万人の産業都市であるOtaの関係者は語った。

オーストラリアは、1996年、2000年、2008年に銅メダルを、2004年に銀メダルを獲得した4つのオリンピックソフトボール大会で、それぞれのメダルを獲得しました。

オーストラリアは東京オリンピックの公式開幕式2日前の7月21日、2008年の金メダルを獲得した開催国日本と開幕戦を行う。

日本は最近、別のコロナウイルス感染の波を迎えた東京を含む10地域は、少なくとも6月20日までの緊急状態になります。 人口の約3%がCOVID-19の完全な予防接種を受けます。

日本の日経ビジネス日刊紙の有権者調査によると、調査に参加した回答者の62%が、オリンピックを再延期したり、すべてキャンセルしなければならないと思います。

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  Shibutaniの兄弟、アトランタの射撃にアジア系アメリカ人の攻撃に対する認識が高まりました。

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close