世界

オーストラリア政府、コロナウイルス5000万回分の購入契約をキャンセルHIV検査で偽陽性 – Sputnik、日本

https://cdn1.img.jp.sputniknews.com/img/688/83/6888374_0:158:3079:1890_1200x675_80_0_0_78134b7d6db91b4943d66b17f1546cad.jpg

Sputnik、日本

https://cdn1.img.jp.sputniknews.com/i/logo.png

https://jp.sputniknews.com/covid-19/202012118010692/

クイーンズランド大学とバイオ企業CSLが共同開発した新型コロナウイルスに対するワクチン接種後、被験者の一部がエイズウイルス(HIV)検査で感染していないのに陽性になる偽陽性(偽陽性)の診断を受けたためワクチン5000万回分10億ドル(約1040億円)で購入契約を解除した。 シドニーモーニングヘラルドが報じた。

7日、クイーンズランド大学のバイオ企業CSLは、ワクチンの臨床試験の結果のための連邦政府に報告した。

オーストラリアモリソン首相によると、同国政府の国家安全保障委員会は、HIV検査で偽陽性の情報が予防接種プログラムに対する国民の信頼を損なう恐れがあるため、購入契約の解除を決定した。

ワクチン開発は、HIVのスパイク蛋白質の断片を含むプラットフォームが使用された。 実施された臨床試験に精通した消息筋によると、この部分は、「人間の健康へのリスクは全くない」は、いくつかのボランティアの体内では、それに対応して抗体が作られ始めたという。

モリソン首相は、政府は、オックスフォード大学と英国アストラゼネカ社などのワクチンの調達に複数の契約を結んでおり、事前に「リスクを配分した」と指摘した。

新型コロナウイルス他にはどんなものがありますか?

ロシアは今年8月11日、世界初の新型コロナウイルスのワクチンを承認した。 11月11日、ロシアの開発のスプートニクⅤワクチンの臨床手順3で92%の効果を発揮した。また、ファイザーの情報によると、臨床試験の段階では制約の効果が95%以上という結果が示された。 会社によると、ワクチンは、2段階で投与され、接種後28日、新型コロナウイルスの予防効果が現れる告げる。 今年末までにファイザーとバイオ円テックは5000万ワクチンの生産を計画して2021年には13億個を計画している。 その他、これまでモデルルナ社新型コロナウイルスの臨床試験で、第3段階が終了したと発表した。その効果は94.5%となる。また、ベトナムは10日、国産の新型コロナウイルスのワクチンをボランティアに接種臨床試験第1段階を開始する。 12月09日アラブ首長国連邦(UAE)の保健予防省は中国医薬集団(シノファーム)が開発した新型コロナウイルスの不活性ワクチン正式登録を発表した。


スプートニクは新型コロナウイルスの信憑性が高い最新の情報を提供しています。特設ページを参照してください。

READ  死産と診断された新生児は遺体安置所で泣いてくれるのメキシコ - ライブドアニュース

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close