エンターテインメント

オーディオブランドOnkyo、中核事業の最後の販売に重量を置く

大阪 – 金融崩壊を防ぐための最近の試みで、日本の苦手なOnkyo Home Entertainmentは、コア事業の売却オプションに戻って達した。

大阪に本社を置く同社は、金曜日、日本のSharpおよび米国に拠点を置くVoxx Internationalとパイオニアブランドを含むホームオーディオビジュアル事業の潜在的買い手として交渉に入ったと発表した。

1946年に設立され、一時スピーカー、ターンテーブル、ステレオレシーバーの名前だったOnkyoは2019年オーディオ事業を米国に拠点を置くSound Unitedに売却しようとする試みが初めて失敗した後の状況が悪化しているのを目撃しました。 現在マイナス純資産の市場の規則に違反したものと、東京証券取引所で上場廃止に直面しています。

オンキヨーは、7月頃TSEで在庫が削除される可能性が高いため、「ビジネスの継続性を維持するためにすべての可能なオプションを検討し始めた」と金曜日の声明で明らかにした。 OnkyoはSharpとVoxxが以前にオーディオ機器で協力したことのある「適切な」パートナーと説明しました。

同社は5月20日までの契約条件を定める公式合意に達することを目標にすると発表した。

Sharpのスポークスマンは、同社がOnkyo提案を検討していることを確認しました。

2020年3月までの総売上高の53%を占めたオーディオ事業を売却するとOnkyoは、潜在的な収益の面で明確な選択肢がないでしょう。 Onkyoは、独自の製品を作ることに加えて、OEM(Original Equipment Manufacturing)で他のブランドのためにTVのスピーカーやその他のデバイスを組み立てるプレーヤーもあります。

会社が2019年5月サウンド・ユナイテッドに音響事業を売却する計画を発表したときCEO Munenori OtsukiはOnkyoがOEMの成長を模索すると言いました。 双方が交渉の条件に同意していないし、10月に協議が中断しました。 発表された販売価格は約80億円(現在の価格で7,300万ドル)でした。

より多くの失敗が続きました。 オンキヨーは2020年3月末に純資産が33億円でマイナスに沈んだ。 海外投資ファンドに資金を投入したが、成功しなかった。 OnkyoはTSEの上場規定違反で2年連続の純資産がマイナスの状態にとどまった。

READ  Kis-My-Ft2「BE LOVE」Twitter、世界のトレンド1位!玉森&宮田BLドラマ「よくここまで」と興奮の声続出(2020/10/18 08:00)|西条ウーマン

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close