エンターテインメント

オールスターホームランダービーでヒットしたShohei Ohtani – NBCロサンゼルス

日本のツーウェイ感覚正平大谷が7月12日デンバークアーズフィールドで行われるオールスターホームランダービーに出場する。

ロサンゼルスエンゼルススターはオールスター戦の前日の夜に開催されるダービーで日本生まれの最初の選手になることです。

「私はいつも日本選手がダービーに参加するのを見てたかった、低リンらしく、本当に興奮します。」と、金曜日に通訳を介して言いました。

一部の選手は、ダービーで打撃を受けた後、スランプに落ちスイングが台無しにされたことを発見しました。

「明らかに、私はこれを経験したことがありません。 だからシーズン後半に、それが私にどのような影響を与えるか、本当に言うことができません。 だから、私はちょうどそれをしどのように進行されるか見ることです。」彼は言った。

大谷はエンジェルスブルペン捕手ジェイソン・ブラウンが彼に投げると述べた。

26歳の外野手、指名打者と投手は金曜日に二回接続されて、21本の本塁打を記録しており、一つはサンディエゴのメジャーリーグリーダーであるフェルナンド・タチスジュニアとトロントのウラジミール・ゲレロ・ジュニアに取り残される。 大谷は打率.273、50打点を記録しており、10回先発で3-1防御率2.70を記録している。

Ohtaniは2016年に日本の二回のオールスター戦でMVPとして活動しながら、日本のホームランダービーで優勝しました。

「私は普段よりも強くボールを強くスイングしようとしたため、今回はその経験を使用して、通常のBPハッキングを試みしようと努力します。」と彼は言いました。

大谷は2018年クアーズフィールドで虚空から二試合を走り、シングルで1対2で走った。

「みんなボールそこに飛んでいく述べ、BPを服用する際に感じたので、本当に楽しかった」と彼は言った。

彼はWally Joyner(1996)、Troy Glaus(2001)、Garrett Anderson(2003)、Vladimir Guerrero(2007)、Mark Trumbo(2012)、Albert Pujols(2015)に続いて7番目Angels選手になることです。

AndersonとGuerreroが大会で優勝したJoynerは共同勝者でした。

READ  西川貴教「猛反対」で大逆転! 23歳年下の妻を得献身力 - まいじつ

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close