スポーツ

カタール、2021 F1カレンダーに日本概ね追加

監視機構であるインターナショナル・サーキットは、2021年11月21日、カタールがコロナ19ファンデミク(世界大流行)にキャンセルされた日本GPの代替選手として指名されF1デビュー舞台を持つ予定だ。 また、シリーズは、2023年から10年間、F1レースを開催すると発表しました。

2021年のイベントは、元オーストラリアGPに予定されてスロットを満たし、サウジアラビアとアブダビと中東を経由3つのレースのスイングを作って22個のレーススケジュールを完了します。 サウジアラビアのGPも、その国で初めてF1創立行事を相次いで開催する予定です。 サウジアラビアGPは伝染病の影響を受けた、ベトナムGPの代替するために作られた。

F1に役立つになりたいという、カタールの強い意志があり、この過程で、10年の間に、より長いパートナーシップのビジョンを議論し合意した」と述べた。 F1は声明の中で

レースは、カタールが2022年ワールドカップを開催する1年前に開かれる予定であり、これによりF1 2年生のシーズンが2023年に延期されます。

「2021年F1に役立つジェスチャーで長期的な戦略的ステップは短く単純たF1が2022年FIFAワールドカップ以来、カタールのショーケースになるというビジョンがこの長期契約の原動力でした。 」という発言が続いた。続いて、「長期的な取引の一環として、2023年からグランプリ開催場所についての議論が続くもの詳細は、後日提供する予定だ」と語った。

2021年から2023年の間にF1関係者は、カタールと協力してLosailをアップグレードするか、新しい回路を作成します。 2021年のレースは、照明の下で行われます。

F1社長兼CEOであるステファノ・ドメニコカリ(Stefano Domenicali)は「私たちは、継続して適応することができ、私たちのスポーツに大きな関心があり、多くの地域でグランプリを持つことを希望することを示しました。 「すべてのチームは、F1とFIAの多大な努力に22個のレーススケジュールを提供することができました。これは難しい年に非常に印象的で、私たちはすべての誇りにすることができるのです。」

Losailは2004年からMotoGPシリーズのホストとして最もよく知られています。

Abdulrahman Al-Mannai、カタール自動車やバイク連盟会長は「このエキサイティングな契約は、カタールが、今後10年間のF1とMotoGPの本拠地となることを意味し、これは世界的なモータースポーツの頂点です。」と言いました。 「私たちは誇りに思ってモータースポーツの歴史を持っており、これが私たちの次の章です。 カタールはF1の素晴らしい目的地となり、すぐにすべてのドライバー、チーム、メディア、ファンを歓迎することを期待します。」

READ  Gopherスポットライト:Airi Miyabe-University of Minnesota Athletics

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close