世界

カトリック教会の枢機卿がフランシスコ教皇と共にバチカンに集まった。

コメント

バチカン市国 – フランシスコ教皇が20人の新しい教会員を専用クラブに昇格させた土曜日に始まった公式イベントのために、カトリック教会の枢機卿がローマに集まりました。 次の議題は、月曜日から2日間のバチカン憲法改革に関する議論です。

しかし、決定的に非公式の議題もあります。

枢機卿は、フランシスコが辞任または死ぬたびに自分の階級の中から後継者を選ぶ必要があるため、お互いを知る必要があります。 そのような集会がまれであることを考えると、これは彼らが集まって互いを育て、カトリック教会の将来の方向についての意見を形成するための最良の機会の1つです。

「キャストではありません。 [call]しかし、今この瞬間が必要です。」 「遅かれ早かれ、私たちは次の教皇を選ぶべきです。 ですから、私たちはお互いを知ってお互いを聞かなければなりません。

バチカンは全世界枢機卿226人のうち197人が今週ローマに入成したと明らかにした。 (現在132人の80歳未満の枢機卿だけが教皇を選出するコンクラベに参加することができる。)

枢機卿は通常、フランシスコが新しい会員を作るたびにバチカンでかなりの数で召集されますが(これは教皇在任期間に8回行われます)、知られているところによると、2021年には枢機卿はありませんでした。 そして2020年の枢機卿は全世界的な流行病。 その結果、これは2019年以来初めて開催される主要な枢機卿の集まりです。 一部の教会の監視者は、枢機卿が同様の水路でバチカンに現れた瞬間を見つけるには、2015年にさらにさかのぼる必要があると述べています。

4ヶ月ぶりにフランシスコは86歳になるが、これは1800年代以降、たった1人の現職教皇が到達した年齢のレオ13歳です。 1903年にはまだ93歳でした。 彼の健康は教皇の在職期間中安定していたが、昨年結腸手術を受けた。 そして、彼はまだ全身麻酔の残りの「痕跡」を経験していると言います。 そして最近は膝の痛みのために車椅子を主に利用しました。 いずれの問題も彼の教会の支配を禁止していませんでしたが、その出来事は老年の弱さを目覚めさせる役割を果たしました。 彼の長寿に関する深刻な質問

フランシスは先月」ドアが開いている「健康上の教会の運営が不可能な場合、引退を宣言するが、彼はまだその境地に達していないと述べた。

「明日モレは思わないという意味ではない。 [about it]「右?」 フランシス氏は言った。

初期の教会の時代には、フランシスコが死ぬまで奉仕することが期待されていました。 しかし、2013年の教皇ベネディクト16歳の信じられないほどの辞任は、現代教皇のための代替案を作成しました。

引退した隠れ家生活をしている教皇ベネディクトは、フランシスコ教皇に反対する立場だ。

フランシスが職場を離れるたびに、彼の後任者を選ぶ枢機卿が直面するいくつかの重要な質問があります。 一つは、より包括的な教会のためのフランシスのビジョンを共有する後継者を見つけるかどうかです。 教皇に就任してから9年を超えるフランシスコは、バチカン統計によると、彼の任命が現在投票年齢枢機卿の63%を占めるため、そのようなシナリオの可能性を高めることに一助となった。 しかし、コンクラベは予測できないもので悪名高い。 フランシスが選んだすべての枢機卿が彼の世界観を共有するわけではありません。 そしてより保守的な前任者であるベネディクト1世とヨハネ・パウロ2世によって選出された枢機卿の支持は、将来の教皇が3分の2のしきい値に達するためには依然として必要です。

もう一つの質問は地理学についてです。 次の教皇がヨーロッパ人ではないかどうか。 アルゼンチン人フランシスコ以前、教会はヨーロッパの教皇を1年以上選出しました。 1,000年を走る。 しかし、ヨーロッパでは教会が枯れているので、その地理的中心はラテンアメリカやアフリカのような場所に移されました。 フランシスコは、長年にわたって彼が選んだ枢機卿と一緒に選挙人になることを望んでいる人々をあまりヨーロッパにしませんでした。 Francisの最新の枢機卿は、東ティモール、コロンビア、ナイジェリアを代表しています。

月曜日に枢機卿は3月に発表されたバチカンの新しい憲法について2日間対話をする予定であり、これは教会官僚制の改編に該当する。 しかし、親睦を固める時間も十分だ。 ローマでの時間は都市の8月の閉鎖と一致し、ローマ人は都市から山とビーチにジャンプし、多くのカフェやレストランが休業します。 バチカン周辺の通りは観光グループや上級司祭でいっぱいです。

ロペス・ロメロは、インタビューですでにギニアの枢機卿ロバート・サラと一緒に食事をして祈る時間があったと述べた。 最年少の枢機卿である48歳のジョルジオ・マレンゴ(48)枢機卿は、モンゴルで長年奉仕してきたイタリア人で、他の枢機卿についてもっとよく知る未来に対する自分の希望は「非常に基本的なもの」と話した。

「迫害された教会から来た人々がいます。 神学者たち」とマレンゴは言った。 「最近私が学ぶのに役立つことを願っています。 [from them]」

READ  イルカ17頭、モーリシャスの海岸で死んで、日本の船舶の座礁現場近く - BBCニュース

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close