カナダ、日本・スイス破り男カーリング世界準決勝進出確定

Estimated read time 1 min read

スイス、シャープハウゼン – カナダが金曜日に2回の一方的な勝利を収め、世界男子カーリング選手権大会準決勝に進出しました。

Brad Gushueと彼のMark Nichols、EJ Harnden、Geoff Walkerチームが率いるNLセントジョーンズチームは、日本を9-2に勝ち、開催国のスイスを8-1に、ラウンドロビンを10-2で2位にしました。

上位2チームは土曜日準決勝に直接進出する。 6回優勝したニクラス・エディン(Niklas Edin)とスウェーデンは、金曜日の最終抽選を控え、すでに順位1位を確定しています。

Gushueはスイス(6-6)に勝つには6エンドしか必要としませんでした。

1回無失点の後、カナダは2回にも4点を出して試合を始めた。 Gushueのチームは、3回に1つ、4回に2つの盗塁を記録して先頭を構築しました。

先立ってカナダは日本を相手に3エンドで3ゴール、4エンドで4ゴールを破って再び6エンド勝利を収めた。

九州は木曜日の2試合のうち2回目の試合でエジンに6-5で敗れ、5連勝行進を終えた。 カナダは試合序盤勝点3点を出して逆転を終えることができなかった。

ウォーカーは日本が勝利した後、「私たちは霜と岩をよりよく扱いたかったのです。大変な出発以来、試合を終えた方法に満足し、磨き方に満足しました。しかし、今日私たちは基本に戻りたかったです。の追加回転を加え、霜の中で岩を少し違うように掃き出すようなものですね。

スコットランド、ドイツ、イタリア、アメリカもプレーオフに参加し、土曜日の準決勝前に予選ラウンドを行います。

The Canadian Pressのこのレポートは、2024年4月5日に初めて公開されました。

カナダメディア

READ  日本、亡命申請者の繰り返し拒否後に強制送還を許可する難民法変更承認
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours