カナダが日本を破ってオランダとバレーボールのネーションズリーグ戦を控えている。

1 min read

福岡 – カナダは、木曜日のバレーボールのネイションズリーグ戦で日本に対して3-2の勝利を収めるために2セットで復帰しました。

カルガリーのAlexa Grayは、カナダが23-25、22-25、25-20、25-21、16-14のセットスコアで勝利し、30ポイントでカナダをリードしました。

BC州霜出身のKiera Van Rykはカナダで27得点を追加し、Sarina Kogaは20得点に日本をリードした。

カナダは攻撃ポイントで日本を68-67に勝ち、サービスエースは6に同率を達成し、カナダはさらに間違いを犯しました(26-24)。 しかし、カナダはブロックで日本を13-6に勝った。

カナダのシャノン・ウィンザー監督は「それは私たちにとって大きな勝利だった」と述べた。 「私たちは攻撃に忍耐を持って、私たちのブロックの周りで守備に熱心に努力する必要があることを知っていました。進んだ。

カナダの次の試合は金曜日のオランダとの重要な戦いです。

オランダは世界ランキング9位で現在パリオリンピック最終予選権を保有しているが、10位カナダはランキングポイント2.09点しか負けない。

カナダは土曜日のVNL試合で20位フランスを相手に試合を終え、オランダは34位韓国を相手に試合を終えました。 パリオリンピックの最終進出者は、大会の終わりに決定されます。

The Canadian Pressのこのレポートは、2024年6月13日に初めて公開されました。

カナダメディア

READ  東京がチップ介入を増やすにつれて、日本のファンドがJSRの買収を見守っています。
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours