スポーツ

カナダのオリンピック選手を東京に派遣するために分裂

Leger、カナダの研究協会(Association of Canadian Studies)の新しい世論調査によると、日本がCOVID-19の上昇事例と格闘することにより、今後の東京オリンピックにカナダの選手を派遣する計画について、国が分裂したとします。

調査に参加した回答者の42%は、カナダの選手が東京オリンピックに出場しなければなら考えないと答えた(パンデミックにより1年遅延)、39%はカナダのチームが参加しなければならない答えました。

試合に出場しても安全であると考えていることを尋ねた質問に46%の人が「いいえ」と答え、35%は「はい」と答え、19%は確実ではないと答えました。

カナダのこれらの破れ観点は、選手が実際にオリンピックに参加するかについて最終決定を下す政府管理に役立つ可能性があるとLeger副Christian Bourqueが言いました。

「カナダの人々はあまりにも分裂しており、運動選手たちに安全であると確信していません。だから、まるで「私たちが行くことに決定した場合は大丈夫です。私たちは行かないことに決めてもかまいません。」とBourqueは言いました。

彼はこのような結果に驚いたと付け加えた。

「通常カナダが夏季オリンピックでも冬季オリンピックでも祝うために好きなようです。メープルリーフが競争する姿を見るために、常にTVで驚異的な視聴率を取得します。彼は、「オリンピックを含めてもう一度楽しもう」と述べた。

表示| 東京オリンピックの安全のためにナオミ大阪の懸念:

Morgan Campbell、Meghan McPeakとDave Zirinが今年夏のオリンピック開催するかどうかのテニススターナオミ大阪の発言について講演します。 8:57

「しかし、カナダ人は調査への回答を慎重に慎重に計測したものです。」

ワクチンの優先順位

調査は5月7日から5月9日までにオンラインでカナダ人1,529人、アメリカ人1,003人を対象にアンケート調査を実施しました。 インターネットベースの調査では、ランダム標本とみなされていないため、誤差の範囲を指定することができません。

政府がカナダ人がCOVID-19ワクチンのために並ぶ選手たちの話を出すことを懸念する場合そうする必要はありません。

回答者10人のうち6人以上がカナダの運動選手がカナダでのワクチンの優先順位を置くべきだと思います。

選手たちは大会に参加するために予防接種を受けなければならないが、ファイザーとバイオエンテクは今月初め、東京大会を準備する選手と役員を接種するためにCOVID-19の容量を寄付すると発表しました。

カナダのオリンピック委員会は、国際オリンピック委員会の取り組みの一環として、これらの寄贈されたワクチン接種にアクセスすることができると信じてと言いました。

スティーブン吉報(Steven Guilbeault)遺産大臣は金曜日のインタビューに参加することができなかったが、彼のスポークスマンCamille Gagne-Raynauldは連邦管理が伝染病の状態と東京オリンピックへの影響を綿密に監視していると言いました。

政府は、東京のカナダ大使館の支援やスポーツパートナーと緊密に協力しているとGagne-Raynauldは言った。

「優先順位は、私たちの選手、コーチやサポートスタッフの健康と安全です。」

アメリカの投票結果

アメリカの住民を対象にした世論調査の結果によると、南の隣人は、7月23日にオープンするオリンピックのために選手たちを日本に送る考えをはるかに快適さを感じます。

55%の大半は、米国の選手が試合に参加することを望んで答え、参加してはならないと答えた人は20%に過ぎず、アメリカの回答者の半数以上が競合することが安全であると答えました。

Bourqueは彼の会社の世論調査によると、アメリカ人が、昨年に公衆衛生の閉鎖と制限を課すことについて、全体的にはるかに少ない好意であるので、これは驚くべきことではない言いました。

「彼らは常にカナダ人に比べて、感染症に関連するすべてのものについてもはるかに自由放任的な態度を示しました。彼らの場合の大半は「はい、私たちは行く。安全です。」と言います。 “

表示| 東京で100日:Covid-19が、オリンピックにどのような影響を与えるか? :

Morgan Campbell、Meghan McPeakとDave Zirinが2020東京オリンピックが軌道を維持するために取るべき措置について説明します。 6:35

今週東京と大阪の緊急事態は、世界中のスポーツや健康管理が地上で進化する状況を継続的に監視することにより、全国の多くの地域に拡大しました。

オリンピックキャンセル要求

人口の約2%だけが予防接種を受けた日本で半ゲームの情緒が広がっています。

金曜日、35万人以上の署名でオリンピックキャンセル」私たちの生活を保護するために “を促す請願が東京知事のYuriko Koikeに提出されました。 請願は、伝染病のために金銭的支援が必要な人々にゲームに費やしたお金がよく使用されると言いました。

木曜日、日本は6,800件の新型コロナウイルスの事例を見ており、総11,255人が死亡した665,547件に増加しました。

一方、Leger and Association for Canadian Studies調査では、カナダ人の夏と残りの年度の旅行計画も調査しました。 結果は、大多数のカナダ人が所定の位置に滞在する予定であり、今後の飛行機に乗ったり、米国への旅行の準備ができていないことを示唆しています。

これらの結果は、昨年実施されたカナダ人の旅行計画のアンケート調査の結果を反映しているとBourqueは言った。 彼は一種の「Groundhog Day “と同じであると述べた。

彼は「カナダ人は、自分がどのような計画を立てているかどうか、非常に慎重に考える」と述べた。

「多くの人々も今すぐ予約して、後でキャンセルすると、払い戻しを受けることができるという事実を完全に信じていません。したがって、これはカナダ人が「秋の計画を立てよう、ギャンブルをしよう」と言うのに役立ちません。 [the pandemic] それまで大丈夫。 「だから、少しの待ち時間があります。 “

READ  Auger-Aliassime、イタリアオープンで8番目シードSchwartzmanの敗北の後、16強進出

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close