スポーツ

カナダ男子ショートトラックリレー代表チーム、日本の金メダル

カナダの男子ショートトラック系統代表チームが日曜日日本名古屋で開かれたワールドカップ5,000m決勝で優勝した後、金メダルを獲得します。

Pascal Dion、Charles Hamelin、Steven Dubois、Jordan Pierre-Gillesは6分52.272秒で、銀メダルと銅メダルを獲得した中国(6分52秒285)とハンガリー(6分52秒386)のチームをリードしました。 それぞれ。

ピエール・ギルス氏は、メディア発表で「正直なところ、より良いレースが期待できなかった」と語った。 「金メダルを獲得するのは驚くべき感覚であり、アジア旅行の素晴らしい終わりです。

ディオンはまた、今回のワールドカップシーズンに男子1,000mの決勝戦で銅メダルを追加しました。

時計| カナダの男子5,000mリレー金メダル獲得:

カナダの男性ショートトラックリレーチーム金メダル

日本名古屋で行われたワールドカップ5000m決勝で、パスカル・ディオン、チャールズ・ハメリン、スティーブン・デュボア、ジョーダン・ピエール・ジルズが6分52秒272でレースを行い、5000m決勝で優勝しました。 9:13

モントリオール・トバキは1分26秒554でレースを終え、1分26秒533で銀メダルを獲得したオランダのItzhak de Laatに続いた。 中国のランツウェイが1分26秒297で金メダルを獲得した。

ディオンはメディア発表で「すべてが揃えば良いレースを作れると考えて、過去2週間それを証明した」と話した。 「国際レベルで個人の試合にあまり自信がなかったのですが、今は私ができることを見ました。ここ2年間、私の弱点を補うために努力して、それが見られています」

時計| Dionは1,000で銅メダルを追加します。

カナダのパスカルディオン、名古屋ショートトラック銅メダル獲得

ディオンはワールドカップ1000mで2週連続3位を記録した。 2:58

カナダの女性スケーターは今週末名古屋で授賞式で開催されました。 Courtney SaraultとKim Boutinは、日曜日の1,000決勝でそれぞれ4位と5位を占めました。

ブタンは「私にとっては大変な週末だったが、先週北京に比べると大きなアップグレードだったと思う」と話した。 「2回の「A」決勝に進出し、これは私が世界5位に入るスケート能力を証明する。

「私は徐々に良くなっていて、私の姿を見直している」。

READ  Serena Williams、Australian Openチューンアップで簡単に通過

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close