スポーツ

カナダ誘導選手Beauchemin-Pinard、Deguchi、ザグレブグランプリで金メダル獲得

カナダのキャサリン・ボシュミン・ピナール(Catherine Beauchemin-Pinard)が、土曜日のザグレブ・グランプリ誘導トーナメントで女子63kg以下の部門で金メダルを獲得しました。

モントリオール出身のこの選手は、最後の相手であるコロンビアのAnriquelis Barriosが負傷で棄権した後、金メダルを受賞しました。

Beauchemin-Pinardは試合開始1分20秒でワザアリを獲得し、優勝を目指したブラジルのKetleyn Quadrosを準決勝で破った。

カナダ人は予選ラウンドでオランダのJoanne Van LieshoutとモンゴルのGankhaich Boldを第1ラウンドの不戦勝に勝ち、準決勝に進出した。

東京オリンピック銅メダリストのボシュミン・ピナールが先週ハンガリーのブダペストで7位を占めた後、反騰した。

彼女は「特に先週のように大変な一週間を過ごした後、表彰台にまた立つようになって気持ちがいい」と話した。 「早く戻って、強力なカムバックをしたかった。

「先週は何が良いのかわかりました。今日は本当に着実に試合して金メダルを獲得したかったです」

Deguchiは金曜日にジョージアのEteri Lipartelianiを破り、U-57kg部門で金メダルを獲得しました。

父のカナダ系統を理由に2017年カナダ国家代表に転向した日本(26)も準決勝でスロバキアのKaja Kajzerを破り、8強でベルギーのMina Libeerを破った。

READ  報告されたセルティック標的Ange Postecoglouは、彼がマリノスに焦点を当てていると言いました。

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close