エンターテインメント

カボチャ、エンドウ豆、牡丹日本の草間を記念するニューヨークの展示会、エンターテイメントニュース

日本の芸術家草間彌生は、植物の間で育った。 子供の頃の祖父の広大な保育園を歩いて、彼女は自分の作品を定義するカボチャを初めて見ました。

現在92歳の彫刻は、伝染病のために1年遅れの主要な展示会でブロンクスのニューヨーク植物園の250エーカー(100ヘクタール)の敷地に広がっています。

「KUSAMA:Cosmic Nature」は、数年間の準備の末、2020年3月にオープンする予定であり、文化的な生活が徐々にニューヨークに戻ってきて、土曜日からの訪問者を迎える予定です。

「ただ、大きなカボチャの大きな花がありません。」と庭園の展示会副社長であるKaren Daubmannは説明します。

“それは本当に驚くべき芸術家の人生と彼女の自然界に根を置いているのです。」

展示キュレーター吉武ミカ(Mika Yoshitake)によると、草間の最初の花と葉の画像から最近作である「My Eternal Soul」に至るまで、展示キュレーターであるMika Yoshitakeによると、展示会は、植物のための彼女の愛とインスピレーションの源を介して芸術家としての彼女の発展を追跡します。

これの例は、ヒマワリの黒中心に似た「自画像」です。

「彼女は花畑、牡丹、百日草、カボチャ畑で育った。彼女の最初の記憶は祖父と一緒に歩いています。だから、植物のイメージが多すぎます。」とYoshitakeは言いました。

彼女の声の記憶は、より苦痛でした。 芸術的才能は、彼女の親によって思春期に妨害を受けており、米国での移民で15年住んでいた。 主にニューヨークに住んでいました。

米国モダニスト画家ジョージア・オキーフを崇拝する草間は、男性が支配する芸術界と反日感情が蔓延前後、米国で自分自身を確立するために苦労しました。

しかし、幻覚と精神疾患が原因で芸術が大きく影響を受けた前衛的な草間の自然は、ブロンクスの展示会のために特別に製作された巨大な “踊るカボチャ」の部分で例示されている色と喜びに満ちた世界です。

カボチャの「触手」はKusamaの作品特有の水玉模様で覆われています。 Yoshitakeによると、太陽とエネルギーのこれらの記号はビノンオプインを地球上で最もインスタグラムに上げることができる芸術家にすることができました。

Daubmannは展示会を「多彩」「おもしろい」と説明し、2019年クリーブランド美術館(Cleveland Museum of Art)で最も注目すべき以前Kusama展覧会の場合と同様に、参加の記録を破ることを希望します。

最初の訪問者が既にオンラインで公開した写真が行くに値するものがあれば、少なくともソーシャルネットワークで成功することです。

ポルカドットパターン、メッシュ、花と明るい色-Kusamaの75年のキャリアの繰り返しモチーフの両方が存在します。

彼女の「ナルシソス庭」の反射される鋼鉄の玉はベニスビエンナーレ入口の前での許可なしに、最初の展示してから55年ぶりにニューヨークの風にゆっくりと転がっていきます。

1977年から自主的に東京の精神病院に住んでい草間は、10月31日まで開かれる展示会を見るために旅行していない。

Yoshitakeによると、彼女は車椅子に乗って家をほぼ残しませんが、特に「My Eternal Soul」シリーズを与えキャンバスを製作するために、毎日絵を描きます。 そのうちのいくつかは、展覧会の一部です。

Daubmannは「本当に大変な一年だった誰もインスピレーションを受けたことがありません。」と言いました。 “誰もが今回の展示会からインスピレーションを得たらいいですね。」

READ  Imax共同創設者91歳 - ハリウッドレポーター

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close