世界

カメルーン暴徒、5歳の少女を射殺した警察官射殺

木曜日、カメルーンの首都の検問所で5歳の少女を射殺した警察官が怒っている群集によって射殺された。

少女の死は、主にブエア市でアフリカ諸国全体に怒りを呼びました。 デモ隊は抗議の表示で少女の遺体をブランチオフィスに持って行くこともした。 村でも銃声が聞こえた。

警察が関与射撃はカメルーンで負傷する内戦から来ており、分離主義者たちは、2つの主要地域を構成するフランスの人口と英語人口間の不平等に怒っています。 CNN 報告した。

緊張は、過去5年間の高い状態を維持しており、分離主義者たちは、アンバー組ニア(Ambazonia)と呼ばれる新しい週のためのキャンペーンを続けています。

この衝突により、3,000人以上が死亡しました。

少女の死亡事件の場合、カメルーン政府関係者は、車両内部の運転手が交通検問所に停車せずに停止を要求する警察官を避けようとしたと明らかにした。

政府は声明で「状況に合わず、ドライバーの不遜な行動に明らかに似合わない不適切な反応で、MPの一人車を動かなくするために警告射撃を加えた」と述べた。

「この過程では、車両に乗っていた5歳くらいの若い学生Caro Louise Ndialleが頭に銃を迎え、息ました。 “

この事件に怒った群衆は警官の周りに集まって彼を殺した。

この地域の知事は責任を約束しました。

「学校に行った子供がどのように殺されますか?」 Bernard Okala Bilai知事は言いました。 「その仕事をした人が代価を払うことになるだろうから安心してください。 蛮行です。 “

READ  インドの亜種に効果的な二つのCOVID注射-English Health Body

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close