理科

カヤックエコツアーは、世界遺産にユニークな清掃努力を提供します





カヤックエコツアーに参加した環境運動家グループが2022年6月22日日本最北端北海道知床半島西の観光名所であるカシュニ滝の近くでゴミを収集しています。 (刑務所)

KUSHIRO, 日本(刑務所) – 日本環境運動家グループが夏の間一週間シーカヤックエコツアーを実施し、北海道知床半島から海岸に押し寄せてきたゴミを回収し、大切な世界遺産を保存するのに人々の力を与えてくれました。 。

潮は膨大な量の海洋ごみを運び、オホーツク海に突き出た険しい半島に沿って蓄積されます。 地方自治体や他の人々は現在、浄化努力に参加していますが、それ以上の人命被害から環境を保護するために必要な繊細な作業のために荒れています。

6月22日前日の夜、地域非営利団体知床自然学校で主催したエコツアーに参加した十数人の参加者たちは、半島西部の観光名所であるカシュニ滝付近の海岸に押し寄せてきたゴミを収集しました。

日本北東部の宮城県から来た西屋ライスケ(50)は「ゴミが多すぎて驚いた」と話した。 10分で約50kg。

4月23日には26人の乗客と乗組員を乗せた日本観光船が同じ地域で事故で沈没した。 宮城県出身の矢部吉幸は「追悼式としては小さな慰めだが(被害者のために)少しでも整理したかった」と話した。

知床半島は長さ約65kmでオホーツク海南端に突出しています。 ごみは海流に押し込まれ、主に西海岸、特に知床岬周辺に流れ込み、風景に見苦しい傷で残骸の山を残します。

半島は2005年に世界文化遺産として登録されました。 人命被害や破壊から自然環境を保護するため、岬まで車両が通ることができる道路がなく、動力線の停泊が禁止されています。

白子自然学校のナオセキグチによると、岬に到達する唯一の方法は、「急な登山道を一晩歩いたり、動力のない船を利用すること」なので、大量のゴミを集めるのは難しい作業です。

シャリ村と環境部は引き続きゴミ収集のためにボランティアを募集しているが、環境部のウトロ自然保護庁の関係者は「いくら収集してもすぐに積み重なることになる」と話した。

残念な状況をこれ以上静かに見ることができないという環境団体が環境省補助金を受け、半島西海岸ウトロから知床岬まで7泊8日シーカヤックツアーを進行した。 、岬の近くでゴミを集めて小さなチャーターボートに載せます。

ごみはアクセサリーやその他の品目に加工されて販売され、収益は今後同様のカヤックエコツアーに使用される予定です。

環境省関係者は「浄化作業は知床の自然美を維持するのに役立つだけでなく、遺産登録を維持することも重要だ」と話した。

知床と同様に、東京の小笠原諸島と鹿児島県の屋久島(両世界遺産共に)も海洋廃棄物問題を抱えています。 清掃イベントを開催し、ボランティアにごみ収集を依頼することで、自然保全と景観保全のバランスを保つよう努めています。

北海道大学地理学科低温科学研究所で知床のごみ問題を研究する白井隆之副教授は「知床はごみをむやみに回収できない世界遺産であるため特殊な状況を提示する」と話した。

彼は「根本的な解決はかなり難しいが、この問題に対する認識を広く共有する必要がある」と付け加えた。

READ  SpaceXは火曜日のケネディ宇宙センターでロケットを発射します。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close