トップニュース

カルロス・ゴーンの脱出に結ばれたアメリカ人2人、日本でのインド

日産前社長のカルロス梱最後の土曜日、米国で日本へのインドのを防ぐための最後の入札で刑事訴追を失っ2019年スピーカーボックスで日本を脱出するために役立ったと信じられるアメリカ人2人。

コメントなしで米国最高裁判所のStephen Breyer判事は 要求を拒否 二人の男(60歳、前グリーンベレー)と彼の息子、ピーター・マックスウェルテイラー(27歳)のための弁護士たちによって日本に送られ、裁判を受けることができる方法を決定する下級裁判所の命令を中断しました。

二人は、ハリウッド映画からまっすぐ出てきたように見えるのケーパーで自分の役割を手配しており、その国で最も有名な刑事被告人は、当局の鼻の下から脱出します。

2019年12月に、Ghosn氏は、東京のアパートで大阪地域に活気を帯びてトルコに向かうプライベートジェットで密輸された。 その後、彼はベイルートを飛ぶ彼財政間違っていると非難していた日本当局の手の届かないところに置きました。

日本の検察は、昨年1月にテイラーズの逮捕令状を発行した。 非管理者、5月にゴーン氏が住んでいるレバノン飛ん準備をする若いテイラーがマサチューセッツにそれらを拘禁しました。

Taylorsは、米国とインド条約を結んだ日本に送られることを避けるために、軍刑務所で数ヶ月を過ごした。 この男性はゴーン氏の脱出で自分の役割に言及しながら、米国検査室は、それらを「逃避のための巨大な危険」とみなされた後、保釈が拒否されました。

男性はGhosnの飛行に関与したことを否定していない。 日本の当局は、ゴーン氏が脱出する前、その間の動きの詳細な説明を含む二人の役割に関する広範な文書を提出した。

日本当局によると、ピーター・テイラーは、2019年に3回、日本を訪問し脱出前日を含めて、東京の自宅から監視を受けている裁判を待っていたゴンさんに会った。

翌日ゴンさんは近く東京ホテルで歩いマイケル・テイラーとレバノンの内戦のベテランであるジョージアントワーヌジャイクに会った。 二人はGhosn氏と一緒に大阪に行って床に穴があいた大きなスピーカーボックスに隠さトルコに向かうプライベートジェットに搭乗しました。

Taylorsの弁護士は、彼らのために疑いが日本で犯罪を構成しないと主張しました。 彼らはまた、男性が日本の法律システムに応じて、拷問に該当する恣意的拘禁と処遇を受けることになるだろうと言います。

この国は、有罪を否定する刑事容疑者を起訴せずに長期間拘禁することができる「人質司法」制度で、国内外からの批判を受けている。

無罪を維持するGhosn氏は、自身が日産経営陣と日本の管理者の政治的動機によって自分の席をペネリョは政治的動機の犠牲者であり、操作された司法制度から抜け出すために国を離れたました。

ゴンさんの日本脱出は全世界最小の15人の要員のチームと協力して計画されたニューヨーク・タイムズは、以前に報道した。

個人のセキュリティ部門で働くPeter Taylorは、過去に他の国際的脱出作戦を助けた。 The Timesはタリバンで特派員David Rohdeを救うために彼を雇った。 Rohde氏は、2009年に一人で脱出しました。

ゴーン氏の脱出を控え、数ヶ月後にゴーン氏と彼の息子アンソニーゴンはテイラーさんと彼の管理会社に130万ドル以上を直接支払った米国検察は裁判所の文書で明らかにした。 。

READ  規模7.1の地震が日本を揺るがし地滑りと停電を引き起こした。

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close