スポーツ

カン、日本の10位

インドのゴルファーRahil Gangjeeは2日バーディーで始め共同2位に上がったがGate Way to The Open Mizuno Openの最終日に10位に上がった。 川れる表示をあまり落としバディが不足して争いを続けた。 彼はワシでトーナメントを終えたが、彼の偶数パー72は、タイ10位に過ぎたので、遅すぎました。

しかし、今年のベストフィニッシュであり、2022年プレイ権を維持するために大きな力となりました。

オーバーナイトリーダージュビク波群山(68)が長野龍太郎(66)を3打勝った。 二人とも、7月Royal St Georgeの ‘sで開かれた149番目のオープンで行われました。

カンは一晩の間に第三のホールでバーディーをし、一晩の間にリード波群山が早く見ながら10アンダーで上がった。 カンは2位、波群山に続いて1位に移し、後もう一つの例で首位を失った。

しかし、11のクラブが、入れたピリピノは自分の姿を取り戻し、もはやビューがない4アンダー68、17アンダー合計17アンダーで長野(66)を3打差で勝利した。

パー群山は3連勝で一日をスタートし、一日が終わるまで同じマージンにリードた。

2007年のアジアツアーでアジアツアーで成功した後、メジャーツアーで初めて優勝した優勝は、インドGaganjeet Bhullarを勝った時も、彼にThe Openチケットをくれました。 波群山の唯一のメジャー出演は、2012年にオープンでアジア巡回功労勲章を受けた。

(このストーリーは、Devdiscourseスタッフが編集していなかったシンジケートされたフィードの自動生成されます。)

READ  全豪オープン:ナオミ大阪、3ラウンド進出

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close