エンターテインメント

カンジ、今年初の日本外出でカットコロン

インドのラヒルカンジが去る金曜日、関西オープンゴルフチャンピオンシップでミッドウェイカットを逃した2ラウンド最後のホールでダブルビューを出した。

日本ツアーの孤独なインディアンは70打と74打を打ち、2オーバー波144打で1アンダー波でカットを逃した。 カンジは2ラウンド10位から16位をバディで2アンダー波で捕まえた。 しかし18回にダブルビューを記録して再びイブン波まで落ちた。 彼はカットを成功させるために少なくとも1つのバディが必要でした。 代わりに自分の14番ホールであるパー​​4、5番ホールでダブルビューをしてツーオーバーをした。 カットが1アンダー波の可能性がある状況で、彼は最後の4ホールで3つのバディが必要でした。 彼は4つすべてを解析し、カットを逃した。

予告のないアマチュアゴルファーのセミカワ大河が中道でリードをつかみ、2日目に注目を集めた。 スポンサー招待でプレーした21歳のこの選手は読売カントリークラブで4アンダー67打を打ち、11アンダー131打で1打車に先立つ36ホールを記録しました。

星野杏也さんは、Kataoka NaoyukiとKazuki Higaとの共同3位を占める67点でタイトル防衛に成功しました。 片岡は68、東は67を記録した。

オーストラリアのアンソニー・クエール(Anthony Quayle)は66打数に71打を加えた137打で共同15位に上がり、韓国の送迎限より1位、米国のイ・サンヒ、オーストラリアのアンドリュー・エヴァンスが共同25位を記録し、国際総合1位の座を守った。 139に。

(このストーリーはDevdiscourseの従業員によって編集されておらず、シンジケートフィードから自動的に生成されます。)

READ  RPT-UPDATE 1-日本の札幌、COVID-19復活オリンピックの準備が未

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close