ガザ地区のアルシファが撤退すると、イスラエル軍は避難を求める命令を拒否しました。 イスラエル – パレスチナ紛争ニュース

1 min read

イスラエル軍が数日間包囲の病院には集中治療を含め7000人以上が収容された。

イスラエル軍は、ガザ地区のアルシファ病院にいる​​医師、患者、難民に医療団体から避難するよう命じ、一部は銃口を狙って去るよう強要したと医療消息筋がアルザジラに語った。

医師は、イスラエル軍が数日間囲んでいたこの施設が、土曜日に兵士たちが人々に去るように命じてから数時間でほとんど捨てられたと言いました。

しかし Xに投稿するイスラエル軍のスポークスマンは、「IDFは病院に避難し、シファ病院で行こうとする地方の人道的横断に向かって避難しようとするガザ市民を許可するように、シファ病院長の要請に答えた」と述べ、命令を拒否した。 セキュリティ軸を通して」。

ガザ地区病院のモハメド・ジャクット事務総長は、アルザジラとのインタビューで次のように語りました。 「私はこれらの偽の主張を断固として否定します。 [from the Israeli army] … 銃口に当たって強制的に出発したと申し上げます。」

危険な患者と生命のために戦う新生児を含む7,000人以上の人々がアルシファの内部に保護されました。

病院のある医師は、アルザジラとのインタビューで現地時間午前9時ごろ(7時GMT)イスラエルから「一時間」の中に去るよう命令を受けたが、そうでなかったため、すべてを避難させることは「不可能」だと述べた。 患者を輸送するための救急車または輸送手段が必要です。

アルザジラのユムナ・エルサイド(Youmna ElSayed)は、ガザ南部のカン・ユニス(Khan Younis)の報道によると、この状況によって病院に「大きなパニックと恐怖状態」が発生したと伝えた。

多くの人が歩いて去った。 しかし、アルシファ病院のモハメド・アブ・サルミヤ院長は、アルザジラとのインタビューで「動くことができない患者、切断手術を受けた患者、危険な状態にある患者」は、少数の医療スタッフと共に後ろに残るしかなかったと述べました。 彼は「状況が本当に深刻だ」と施設のほとんどが捨てられていると付け加えた。

アルシファには少なくとも300人の患者が含まれていたが、これらの多くは危険な状態であり、数千人のイ・ジェミン家族も含まれた。

また、「酸素不足と電気不足ですでに8日間インキュベーターの外に出た少なくとも35人の未熟児も含まれている」とElSayedは語った。 インキュベーターなしで残された赤ちゃんは39人でした。 4人は金曜日遅く死亡し、5人は現在重病を患っていると私たち特派員は付け加えました。

「飽きる」

土曜日の朝、イスラエル軍の締切期限が過ぎた後、病院監督官のオマール・ザクトは、アルザジラとのインタビューで強制避難が始まったと述べ、施設外の風景は「ひどかった」と付け加えた。

「私たちはアルウェーダ(al-Wehda)道路を出るように言われました。 道路には数十区の遺体が散らばっている」と話した。 「歩けないホームレスが屋外に放置されることが多いです。」

アルシファ病院のムニール・アル・ヴァルシュ医師は、イスラエル軍が去るすべての人に白いハンカチを振って一行で歩かなければならないと警告したと言いました。

アルバシュはアルザジラに「彼らは道をたどる兵士たちに屈辱感を感じた」と話した。

「多くの患者が車椅子や取り外し可能なベッドに横たわっていました。 家族は負傷した子供や両親を直接抱きしめなければなりませんでした。 これはひどい前例のないシーンです」と彼は言いました。

医師はイスラエル軍が人々に南に避難する人々が選ぶべき一般的な通りや経路であるサラアルディン通りではなく、アラシド通りを通って避難するよう指示したと話しました。

(アルザジラ)

「加沢市と北部地域は燃料が不足しており、交通手段はありません。 したがって、人々は徒歩で避難することが期待されています。」とElSayedは言いました。

彼女はイスラエル軍が避難する人々に交通手段、救急車燃料、患者移送用車両、早産児、イ・ジェミン家族を提供しなかったと述べた。

病院には最低1週間、食料、水、電気、酸素が供給されておらず、過去数日間、イスラエル軍とタンクが施設を襲撃しました。

イスラエルはハマスが病院の地下に指揮本部を置いていると主張したが、その主張を裏付ける証拠は見つからなかった。 ハマスと病院のスタッフは常にイスラエルの主張を拒否してきました。

ザクート氏は、アルシファの給水不足により「衛生と清潔の欠如」が発生したと付け加えた。

「電力が切れてから3週間を超えました。 乳幼児と新生児は酸素なしで放置されます。 それは中世の洞窟に過ぎません。」と彼は言いました。

占領された西安地区を管轄するパレスチナ当局は、避難に対応して声明を発表しました。

「アルシファの避難は、ガザ地区が直面する人道的、環境的災害を深める」と述べた。 イスラエルの行動は「占領軍がパレスチナに対して犯した人種掃除と大量虐殺犯罪のもう一つの恐ろしい側面」を示すと付け加えました。

READ  反政府デモに非常事態宣言から遠くタイ政府|六辻中指| コラム
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours