スポーツ

ガルシア・アリバも日本チルトに達しない

スカッシュ選手のロバート・ガルシアとジェマイカ・アリバドが先週、日本横浜で行われたダイナムカップSQキューブオープン8強にやっと進出した。

プロスカッシュ協会ワールドツアーイベントで5位を占めたガルシアは、4位の日本の龍之介つくから5-11、2-11、4-11を吸収しました。

一方、アリバドは香港の青海峰に6-11、8-11、3-11で頭を下げた。

7位 ダビッド・フェリーニョは日本の池田ユージーンに11-4、7-11、8-11、7-11で敗れ、レイマーク・ベゴルニアはインドのラフル・バイタに6-11、8-11、4- 11に敗れた。 最初のラウンド。

世界ランキング167位のツクには香港のタンミンホン(11-4、11-2、11-3)を破って男子タイトルを獲得した。

最新ニュースを入手


受信トレイに配達

マニラタイムズの日刊ニュースレターを購読してください。

メールアドレスに登録することで、利用規約とプライバシーポリシーを読み、同意することを認めます。

女子タイトルは決勝で香港のタンミンホンを11-3、12-10、14-12に破った日本2位の渡辺さとみに帰った。

一方、フィリピンのスカッシュアカデミー会長のロバート・バッハマン(Robert Bachmann)は、タイで開かれるアジア・ジュニア個人選手権大会に2人の選手が派遣されると述べた。

17歳以下の少年部門アジア1位のクリストファー・ブラガ(Christopher Buraga)とジョナサン・レイエス(Jonathan Reyes)は、6月15日から19日までバンコクから車で2時間のパタヤで開催されるトーナメントに参加します。 彼らはJaime Ortua監督と一緒に行います。

15歳のブラガも7月19日から23日まで大韓民国清州で開かれるアジアチームチャンピオンシップ男子代表チームに加わります。

スカッシュチームのために準備された他のトーナメントは、エジプトで開催される世界大学ゲームと11月に開催されるマレーシアのオープンです。


READ  仙台大学付属の評判をウィンターカップ優勝に導いた山崎一渉 "プレイでも精神面でもチームの中心選手」 - バスケットカウント| Basket Count

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close