ガンダムシードフリーダム映画が日本で10億円以上の収益を達成

1 min read

画像提供:ソツとサンライズ

日の出 と発表した。 機動戦士ガンダムSEED Freedom 映画は日本公開後3日で10億円以上の収益を上げました。 2024年1月26日から2024年1月28日まで、全国353の劇場で合計634,182人が映画を観覧しました。 スタジオが記録した正確なボックスオフィス収益は1,065,983,130円(~$7,204,050)です。

Sunriseは、ボックスオフィスの発表とともに新しい予告編も公開しました。 シーソー新曲「Sarigiwa no Romantics」が収録されています。 YouTube版は日本に限定されていますが、予告編はXを通じて世界中で簡単に視聴できます。

プレスリリースでは、Sunriseは次のように言及した。 種子の自由 で新たなヒット記録を立てました。 ガンダム 10億円のマイルストーンを立てた映画。 以前の主な映画、 機動戦士ガンダムハサウェイ、2021年発売。 収益も10億円を超えましたが、チケット501,706枚が売れ、マイルストーンを達成するのに10日かかりました。 これは、Cosmic Era代替宇宙タイトルが時間とチケットの両方でUniversal Centuryエントリを上回ったことを意味します。

SunriseとBandaiはまた、新しい映画の宣伝を支援するために展示会を開き、商品をリリースしてきました。 Sunriseがクロスオーバー商品ペアリングをリリースしました。 ガンダムSEED ハローキティのようなサンリオキャラクターを持つ人々。 一方、バンダイスピリッツはSHフィギュアアーツのキラヤマトとラクスクラインアクションフィギュア予約注文を開始しました。

機動戦士ガンダムSEED Freedom 日本全域の映画館で見ることができます。

READ  タイエンターテイメントコンプレックス法案:カジノ立法のための道| 日本グローバルローファーム
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours