ガーナのブラッククイーンズ、日本と親善試合

Estimated read time 1 min read

Black Queensはオリンピック出場資格を得ていませんでしたが、女性アフリカネーションズカップ(WAFCON)の出場権を予約しました。

ガーナFAの声明は次のとおりです。 「日本のなでしこは7月13日、日本東京の金沢五合カレースタジアムで開かれる世間の注目を集める国際女子親善試合でガーナのブラッククイーンズと試合を繰り広げる予定です。

「チームはこの注目すべきゲームを通じて、トーナメントに先立ちボディを維持し、Nora Häuptle監督にチームに新しい選手を獲得する機会を提供します。」

声明は次のように追加されました。 「日本代表チームは今回の試合を通じてパリオリンピック出場のためのチーム準備を強化する予定です。 日本は現在世界7位(7位)、ガーナのブラッククイーンズ(Black Queens)は世界64位、アフリカ大陸では4位だ。

オープルは1年前、ブラッククイーンズを引き受けて以来、過去15ヶ月間に大きな変化を導き、大きな影響力を発揮した。

スイス監督が引き受けた13試合でガーナ女子代表チームは9勝、1武、2敗にとどまった。

READ  カミラバリエバ、WADA上訴フィギュアスケート選手のための「間違った」決定
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours