経済

キャサリン・タイミ貿易代表部、11月中旬に日本初訪問

キャサリン・タイ米貿易代表部(USTR)代表は貿易と経済関係を強化するため、11月下旬に東京、ソウル、ニューデリーを訪問する予定だと彼女の事務所が金曜日明らかにした。

タイ首相は今年初めに就任後初の日本訪問だ。

米貿易代表部は、彼女がアジアを訪問している間、政府の管理と利害関係者と会い、 」と述べました。 プレスリリース。

Taiは11月15日に東京に到着し、11月18日にソウルに旅行し、11月22日にインドに着陸する予定です。 彼女は11月24日にワシントンに戻る予定です。

台首相は東京で外務上、通商長官など日本政府の管理者と会談を行う予定だ。 消息筋は、中国の知的財産権侵害や国有企業に対する補助金などの不公正な貿易慣行に対抗するために、米国と日本が緊密に協力することが重要であることを再確認することを希望すると消息筋を引用して伝えた。

Taiと日本の管理者はまた、中国の西西部の腎臓地域の強制徴用の疑いについて意見を交換することが期待されています。

また、1月から発効した日米貿易協定とデジタル貿易協定の履行過程を検討する予定だ。

今月初めに就任したサラ・ビアンチ米貿易代表部次官もタイと共に旅行する予定だ。 Taiは、USTR事務所を率いる最初のアジア系アメリカ人であり、有色人種の女性です。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、ストーリーを正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  日本の主要な銀行、振込手数料引き下げ

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close