キーパー・ラベナはドワイト・ラモスのない富山が葉巻を破って連続ヒット行進を続けている。

1 min read

Shiga Star Kiefer Ravenaは、過去の試合で彼のキャリアハイである28ポイントアウトの勢いに乗っていますが、Lakestarsはまだ枯渇したToyama Grousesチームに頭を下げています。

マニラ、フィリピン – Toyama Grousesは、主要なスターなしで日本B.リーグ戦に戻りましたが、まだ3月2日水曜日、Shiga Lakestarsに対して108-103で勝利しました。

勝利で、Grousesは輸入品の返品を待っている間15-21に上昇しました。 Julian MavungaおよびFil-Am Dwight Ramosは家に帰るGilas Pilipinasのための短い期間後に必須の隔離状態です。

シガーのスターキーパーラベナは、過去の試合自身のキャリアハイである28得点アウトの勢いに乗って1クォーターにのみ10個のマーカーが登場するなど24個のマーカーで試合を終え、ベンチで28分で10個のアシストを記録した。

Lakestarsは、1クォーターでNovar Gadsonの20得点とRavenaの10個のマーカーのおかげで、Grousesを36-23で抜いて巡航した後、簡単な勝利を狙いました。

しかし、東山が1ピリオド序盤に16得点18-34で着実に37得点ターンアラウンドをしたが、3ピリオド後半には快適な21得点ギャップ89-68でターンアラウンドし、葉巻の勢いは完全に崩れた。 。

Lakestarsは最後のフレームで1クォーターに再び火をつけようとしました。

しかし彼らの遅いラリーは10勝19敗の記録のために2連敗をして失敗しました。

元NBA選手のブライス・ジョンソンは、マーブンガとラモスがいない状況で富山を率いて33得点15リバウンド8アシストでほぼトリプルダブルに近い性的に仕上げ、チーム主張小野龍毛はベンチで17マーカーを追加した。

Gadsonは、同僚の収入であるSean O’maraが33分間、わずか9つのマーカーに制限され、17/25シューティングでシーズン最高41点のラインが無駄になるのを見ました。

ラベナとシガーは3月5日土曜日から始まる連続試合で27勝3敗の記録を保有したリーグ最高の琉球ゴールデンキングスと対抗し、週末に渡るべき山があります。

一方、サンロッカーズ渋谷とグラウスの週末の試合に対するラモスの地位は依然として疑わしい。

Ibaraki Robotsはまた、この水曜日の夜にAkita Northern Happinetsと対戦し、Gilasの有望なJavi Gomez de Liañoを70-76に敗北させないことにしました。 – ラッパードットコム

READ  「究極の競争相手」プーリシッチ、アメリカで輝く準備:Berhalter
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours