スポーツ

キーパー・ラヴェーナは、葉巻が大阪を一掃し、悲惨な16連覇を終えました。

キエファー・ラヴェナは、大阪エベサとの連続クラッチアウトで、昨年のクリスマス以降初の連続優勝で、シガ・ラクスターズを率いる。

マニラ、フィリピン – Shiga Lakestarsは、4月10日日曜日に大阪Evessaのホーム草スイープを88-78で完了し、ついに日本Bリーグの優勝チームに戻りました。

生産的な週末をバッグに入れた状態で不安なLakestarsは2月27日まで遡る16個の連続試合を落とした後、シーズン中に12勝33敗に上昇しました。

これは昨年12月25日と26日、神戸パラスと新潟アルビレックスBBを席巻した後、球団の初連続優勝だ。

前日、激しい79勝78敗を記録したフィリピンのスター収入選手Kiefer Ravenaは、日曜日に14個のマーカーで13得点を記録しました。

最後のフレームから7分24秒を残して66-68の赤字から抜け出した、Shigaは期間の半ばに76-68リードのためにRavenaと1回の仕上げで重要な10-0反撃に進んだ。

大阪が74-77で3分で再び正規1分45秒に復帰したが、5点スイングを担当したのはラベナの仲間ノヴァ・ガドソンだった。 39ティック残りました。

Gadsonは21のうち13のうち13のシューティングと9つのボードで29得点ですべての得点をリードし、チーム主張Teppei Kashiwaguraは11のうち6つのクリップで18を獲得しました。

Import Kyle Huntは20-26 Evessaを20得点、8ボード、30セントで3連覇しました。

一方、シガは来週末、レバンガ北海道との試合で3連覇を達成するために大阪の連続ヒットを行っており、他のフィリピンチームがより多くのマッチ演技を避けるために健康な体を取り戻すよう努めています。

スコス

滋賀88 – ガドソン29、柏倉18、ラベナ14、オマラ8、林6、渋田5、森山5、スミス3、今川0。

大阪78 – ハント20、ドブラス16、ブラウン15、木下13、武内7、中村5、五田2、とんり0。

クォーター:24-12、34-39、63-62、88-78。

– Rappler.com

READ  トーマスカップ:マレーシア、日本を抜いて1位グループに進出スポーツ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close