スポーツ

ギラス青少年、FIBA U-16アジア大会で忙しい出発で日本クウェートと衝突

マニラ、フィリピン – Gilas Pilipinas 少年チームがカタール・ドーハで開催される2022 FIBA​​ U16アジアチャンピオンシップで、国際競技復帰のために24時間以内にクウェートと日本との連続競技を繰り広げます。

フィリピン系アメリカ人Caelum Harrisが率いる全国10代ケーザーが午前1時15分にクウェートと衝突した後、午後8時45分にCプールで強大国日本と大きな決闘が続く。 どちらのゲームもマニラの時間です。

ギラス青少年は8強にすぐに進出し、現チャンピオンオーストラリアとのクロスオーバーペアを避けるためにはジョー1位を獲得しなければなりません。 それ以外の場合、Gilasはまだ2番目と3番目のシードスクワッドの間で予選を通過します。

GilasがKai Sottoの後の時代に3年で初めて国際活動を始めたので、その任務は公園を散歩することではないと予想されます。

「私たちは、カイに明確な焦点があったときに2回のワールドカップに進出した幼少年チームではありません。 それは私達のための全チームの努力でなければなりません。 今回はチーム単位で試合に勝つべきだ」とジョシュ・レイズ監督が語った。

「クウェートは大変なチームで、特に長い間準備してきた日本です。 すべてが所定の位置にありました。 私たちにとっては大変なことになるだろう」と付け加えた。

来月スペインで開かれるFIBA U17ワールドカップ予選戦である今大会はソトが率いる代表チームを2019 FIBA​​ U19ワールドカップに導いたレエスがギラス幼少年プログラムに復帰したことも意味する。

ソトが率いるギラスの男の子はまた、アジアのチルトで数回のポディウムフィニッシュで強調された黄金時代のために2018 FIBA​​ U17ワールドカップに進出しました。

今年の新しいギラス・ユースのバッチで、ハリスはレブロン・ニート、ジャレッド・バハイ、ミハイル・ロメロ、ザイン・マフムド、アレクサンダー・コノフ、ロレンツォ・コンペンテ、ジャコブ・ベイラ、アプル・マクンデリー・ゲマオ、ジェイデン・ジョーンズ、クリスティアン・ポター、セバスチャン・レイズと加わった.

このチームは、感染症の制限のために国内の幼少年大会が開かれず、国内外の40人以上の有望株を対象とした一連の試験から選ばれました。

READ  FIFA、ワールドカップで離脱した「スーパーリーグ」の選手を禁止

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close