トップニュース

クパチーノ、日本の姉妹都市と平和のための鐘開催 – マーキュリーニュース

8月6日鐘を鳴らすイベントで、日本クパチーノと姉妹都市である豊川のための平和週間が始まりました。

Cupertino-Toyokawa Sister Cities、Inc.(CTSC)は、1945年の第二次世界大戦終戦を記念して記念公園で二番目の平和の種を鳴らしました。

Liang Chao副市長、Jon WilleyとHung Wei議員、CTSC会長Alysa SakkasとCupertino Union学区長Stacy YaoはToru Maeda、日本総領事と多くのCupertino市民と一緒に種を持って記念式に出席しました。

彼らは豊川のギフトストーンランタンとCTSC学生代表団が作った1,000個の折り紙鶴が展示されている前にそれらをウールました。

Sakkasはこの展示物が広島原爆投下に白血病にかかった後、治癒されることを願って1000匹の鶴を折った日本の女の子のための実話である「Sadako and Thousand Paper Cranes “本に登場する日本文化の伝統と言いました。 それ以来折り紙鶴は平和の象徴となった。

前田は、第二次世界大戦中に日本に原子爆弾を投下した米国に対して、次のように言いました。 「今は、私たちにとって非常に暗い瞬間です。 ほとんどの犠牲者とその親族、子孫がまだ広島に住んでいるので、厳粛な追悼です。 私たちはそこから教訓を得ることが重要です。 再び繰り返さない悲劇だ」と述べた。

このため、前田は鐘を鳴らす意識が意味するところに感銘を受けました。

「この種の多世帯、大規模な多民族の集まりは素晴らしいです。」と彼は言いました。

Cupertinoの姉妹都市であるCopertino、Toyokawa、HsinshuとBhubaneswarの代表者たちがイベントに参加しました。 Sakkasは彼らの存在が意識を通じて平和を維持することの重要性を強調したました。

彼女は「私たちは、43年の間にToyokawaと姉妹都市であり、専任の代表が交換で成人代表になったことが素晴らしいです。」と言いました。 「他の国の人を見ると、共通点がないと感じるかもしれないが、一人一人を知ると、私たちは皆どのよう似ているかがわかります。」

READ  阿部サダヲ、新型コロナ感染成人計画レポート「現在の症状は出ていません」| ORICON NEWS

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close