理科

クラウンバイオサイエンス(Crown Bioscience)とMBL、日本のお客様に高度な前臨床サービスを提供するための合弁事業

サンディエゴ–(ビジネスワイヤー)–クラウンバイオサイエンス JSRライフサイエンス企業であるMBL(Medical&Biological Laboratories)は、今日、日本の顧客に対するCrown Bioscienceの前臨床サービスの提供をさらに拡大するために合弁事業の設立を発表しました。

「Crown Bioscience & MBL」という新しい法人は、両社の成長を加速することが期待される長期的な戦略的パートナーシップです。 最初の焦点は、日本でCrown Bioscienceの製品を拡大するための前臨床および仲介サービスを提供することです。 この契約は、Crown Bioscienceの現在の販売代理店モデルを強化し、日本でプレミアムサービスを提供するために地元の地位を確立します。

東京を拠点とするCrown Bioscience&MBLは、経験豊富なGeneral ManagerであるHiroki Itou、MBLの執行責任者、JSRの診断および研究試薬部門の総責任者が率いる現地チームを構成します。

新会社は、Crown Bioscienceの世界クラスの前臨床および仲介サービス能力と日本製薬市場のMBLの深い知識と経験を組み合わせて、各組織の卓越性と専門分野を活用します。 2022年4月に設立された同社は、2022年9月からサービスを開始する予定です。

Crown BioscienceのCEOであるArmin Spura PhDは、この会社がMBLとの現在のパートナーシップを拡大し深めることを発表した。 彼は、「日本はCrown BioscienceとMBLの長期戦略ビジョンにおいて重要な役割を果たすでしょう。 私たちの新しい会社は、日本のバイオ医薬品コミュニティの進化するニーズに応え、日本の顧客により効果的にサービスを提供するために作成されました。 日本の生命科学分野で信頼できるパートナーであるMBLとのシナジー効果をさらに発展させることができて嬉しく思います。

Crown Bioscience & MBLの社長であるHiroki Itouは次のように語った。 私たちは一緒に日本で薬物の発見と開発を加速するユニークで革新的なサービスポートフォリオを提供できると確信しています。

###

クラウンバイオサイエンス紹介

JSRライフサイエンス会社Crown Bioscienceは、腫瘍学、免疫腫瘍学、および免疫媒介性炎症疾患(IMID)を発展させるための前臨床および仲介プラットフォームを提供するグローバル契約研究機関(CRO)です。 同社は、HUB技術を利用して腫瘍オルガノイドサービスを提供する唯一の前臨床CROであり、商業的に利用可能な世界最大のPDXコレクションを持っています。 Crown Bioscienceは、患者がタイムリーに適切な治療を受けるのを助けるために優れた薬物候補を提供するのに役立ちます。 2006年に設立されたCrown Bioscienceは、アメリカ、ヨーロッパ、アジアに10の施設を持っています。 もっと探してください: www.crownbio.com

医療・生物研究所紹介

MBL(Medical & Biological Laboratories)は、1969年に日本初の抗体メーカーとして設立され、体外診断(IVD)試薬と基礎研究用試薬を研究、開発、製造、販売しています。 現在、免疫学の分野だけでなく、遺伝診断の分野にも事業を拡大しています。 IVD事業では、自己免疫疾患、がん、感染症などのIVD試薬を開発販売しています。 特に自家抗体診断分野では日本最高のメーカーとして製品ラインナップを拡大し、この分野の医療に貢献しています。 難病が多い場所。 腫瘍学の分野では、薬物の効果を予測する同伴診断を開発し、パーソナライズされた医療に貢献しています。

READ  カナダ人は世界最悪の炭素排出国の一つです。 これに対して、私たちができることは、次のとおりです。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close