スポーツ

クリス・ポールとデニスシューホルダーう雷の取引は「成功」の競争力を失うことなく、新しいシーズンに – バスケットカウント| Basket Count

グリーン&ルビオ雷の「新しい風」に

トレードが解禁になって雷が早速クリスポールとデニスシューホルダーを放出しました。 今年NBAチームに選ばれたスターターと6番目の男の候補となったベンチの2点ガードは2人でチームの半分の助けを得ていただけに不安もありますが、非常に面白い取引を行うたと見ることができます。

手に入れた1巡目指名権は2万。 再建を目指すチームが入手対価として寂しいロバートコビントンで2つの1巡目指名権を手に入れたロケットは大きく負けています。 ポールとシューホルダーの価値を考えると、性急な判断だったのはないかとも思われます。 バックスとの取引であれば、より多くの指名権を手に入れたものです。

しかし、33歳のダニー・グリーンと29歳のリッキー・ルビオは実力派のベテランは、若い選手が多くサンダーを整理存在に適しています。 グリーンは伝統難しい守備に経験を持って一緒に今まで雷に不足していたコーナーでしっかりとしたシューターと呼ばれる役割を植え付けることです。

そしてルビオは愚直なストロングスタイルで攻撃を繰り返したサンダーに新しい風をもたらす存在します。 ポールシューホルダーも基本的には個人のスコアが役割だったが、アシストが中心であったルビオのプレイスタイルは、より連携を重視した形での転換を期待することができます。 コーチも変わっただけのチームの戦術全体が変化する可能性があります。

また、持ち運ぶガリナわけフリーエージェントで移籍する濃厚なだけケリーうぶレイJr.を補強することができたのも大きな場所は雷のような過酷な守備とランニングゲームの特色を発揮できる選手であるだけに、合わせすると面白いでしょう。 必要なポジションに検証された選手を獲得するトレードをまとめた雷の競争力を失うことなく、新しいシーズンに臨むことです。

また、ポリシーを若い振っもなかったことも重要です。 たとえば右部レイJr.はプレイ良い人の性格に行くされているタイプで、今後獲得する若いにも似たようなタイプがあるかわかりません。 何よりも戦うファイターを重視するサンダーだけ強くなるために、常に経験をするだけではなく、チームを落ち着かせながら勝利を追求していかなければします。 一度ニックコルリスンが引き受けた役割を緑やルビオで見つけ行くことになるでしょう。

取引に実力者を強化し、競争力を維持したとはいえ、主力選手を放出しています。 それほどシェイすぎるジャスアレキサンダーを中心とした若いより中心的な存在でステップアップしなければなりません。 つまりステップアップすることができている場合、より強いチームになる可能性を持った取引だったと言うことができます。

しかし、まだ取引は解禁されたばかり。 大量のドラフト指名権を持っている雷は、さらに補強に動く可能性もあります。 一日に消費電力のバランスが大きく変わるNBAの熱いオフシーズンが本格的に来たことを感じさせる大胆取引でした。

READ  クレイ・トンプソンのさらに悲劇右足アキレス腱断裂の重傷を負い、シーズンの全休が決定的に - バスケットカウント| Basket Count

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close