スポーツ

クリーブランド、エンジェルスに4連敗、7-4の敗北| ニュース、スポーツ、採用情報

カリフォルニアアナハイム(AP) – 大谷翔平がメジャー・リーグ1位13本塁打を打っ、ロスアンジェルス・エンジェルスはスター外野手、マイクトラウトが早く怪我を負った後、月曜日の夜クリーブランド・インディアンスを7-4で下した。 マスは最初のイニングから右ふくらはぎに無理をしました。 三回AL MVPはイニングエンディングポップアップで3位に走って打ちたてていました。

大谷はサムヘンジスのファストボールを5点で右中央に追い込んでエンジェルスに6-1のリードを与えた。 ボストンで開かれた9回、日曜日に2つのアウトでホームランを放った日本のスーパースターは、今シーズン二回連続試合に飛び込んだ。

フアンとガレスはイニング序盤2点二塁打でエンジェルスを先頭に上げた。

アンソニーレンドンは10試合のホームスタンドを強く始めたエンジェルスに3安打を追加し、セザール・エルナンデス、プラン小麦レジェス、ハロルドラミレスはクリーブランドで4連敗を記録した。 インディアンが4点以上得点をしながら敗北したのは20試合のうち二番目だった。

Hentges(1-1)は、1 2/3イニング6失点5安打を許しました。

強力な開始

HernandezはSandovalの最初の投球を左中央に運転しながら、彼のキャリア14のリードオフホームランを記録した。 彼試合のオープニングピッチに深く入ったのは三回目であった。

より多くの庭仕事

Reyesの6イニングソロショットは、今シーズンAngel Stadiumで相手打者によって最も遠い452フィートを日ました。

ラミレスのホームランは、すべてのインディアンの現在の負荷トリップました。

トレーナーの部屋

インディアン:OF Jordan Luplowは3回にゴロを走りながら左足首をビープたが試合から除外された。

Angels:David Fletcher(脚の付け根)は2日連続のラインナップから除外された。

[上へ

クリーブランドの右腕Zach Plesac(3-3、3.56防御率)は、2019年エンゼルスとの唯一の試合で4タイプをスローします。 ロサンゼルスの左腕アンドリュー・ヒーニー(1-3、4.75)は、12イニングわずか2自責点のみを許可しました。 彼の最後の二つのホームスタートで。

受信トレイで、今日の速報など

READ  NJPW性攻撃のラインナップ、大阪組ホール復帰を発表

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close