クルーズ・GM・ホンダ 2026年日本西自律走行車サービス開始、ET Auto

Estimated read time 1 min read

3社は2026年初め、東京中心部で無人搭乗サービスを開始する予定です。 このサービスは、Cruise Originsの小さな先端から始まり、時間の経過とともにより大きな先端に広がります。 両社は今後、日本内の他の地域にもサービスを拡大する計画だ。

クルーズ、ジェネラルモーターズ(GM)、ホンダは2026年初めに日本で無人搭乗サービスを発売すると木曜日明らかにした。 このサービスは、運転席やハンドルのない自律走行車であるクルーズオリジン(Cruise Origin)を利用する予定だ。 スマートフォンアプリを使用したクルーズオリジン(Cruise Origin)これにより、車両は指定された場所からピックアップして目的地まで完全に自律走行します。

クルーズオリジンは快適で広々とした車両で設計されており、最大6人が向かい合って座ることができる座席を備えています。 車両には、デジタルエンターテイメントシステム、Wi-Fi接続など様々な設備が備わっています。

下から続く

3社は2026年初め、東京中心部で無人搭乗サービスを開始する予定です。 このサービスは、Cruise Originsの小さな先端から始まり、時間の経過とともにより大きな先端に広がります。 両社は今後、日本内の他の地域にもサービスを拡大する計画だ。

無人乗車サービスは安全性と利便性など多様な恩恵を提供すると期待される。

安全: 自律走行車は人のミスによる交通事故を大幅に減らす可能性を持っている。

アクセシビリティ: 自律走行車は、高齢者、障害者など自ら運転できない人に交通手段を提供することができます。

利便性: 自律走行車は駐車や交通の心配なく乗客を目的地まで連れて行くことができる。

日本の無人搭乗サービスの発売は、自律走行車技術の発展において重要なマイルストーンです。 これは主要自動車メーカーと技術企業の自律走行車に対する関心が高まっているという意味でもある。

  • 公開日:2023年10月19日午後04時10分(IST)

200万人以上の業界エキスパートコミュニティに参加

最新の洞察と分析を得るには、ニュースレターを購読してください。

ETAutoアプリのダウンロード

  • リアルタイムアップデートを入手
  • お気に入りの記事を保存

READ  Apple TVは、新しいiCloud利用規約を受け入れるためにiPhoneが必要だと思います。
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours