経済

グクゴイモバイルバッテリーは……買わないことがナイト! – 携帯電話Watch

我慢できずにポチッてしまったポータブルバッテリたち

先月の大容量・高性能モバイルバッテリーの記事を書いた。 だから「私の場合、最近ソト理由がない限り10000mAh次のモバイルバッテリーを買わない!買うなら大容量!!! 500〜600g以上いても嵩張ろうと、大容量モバイルバッテリーをためらうことなくジュギャッ購入つ星!」と言ったわけだ。

その後も大容量・高性能モバイルバッテリーには目がない。 しかし、しかし! モビリティに優れたモバイルバッテリーも好む。 たとえば↓こんな。 3年前にコストコで安価で購入したものである。

3年前にコストコで6000mAhのモバイルバッテリー×2個セット税込3580円衝動買い。 出力は、各ポート最大5V / 2.0A出力2ポート合計の最大出力値も5V / 2.0A。 サイズは127×71×12mm。 携帯性に優れたモバイルバッテリーである。

でもまあ、今となっては平凡なモバイルバッテリーされてしまった。 この程度のサイズ感で10000mAhとかエケッコあり。 その後、交換……ないが、私の場合星!

なぜなら星! もう、安く大量になったコンパクトになったとか、モバイルバッテリー買い足した場合、モバイルバッテリーの数だけ増加しまうつ星! そうそう、この私のようモバイルバッテリーを主体ませされて室内がモッタイナイ鬼でいっぱい!

上記の携帯電話のバッテリーは、3年前に購入したものだが、それ以前や以後に「雅楽!これ容量の大きい!!!」や「雅楽!!!これはカッコイイ!」と言った理由に似などのモバイルバッテリーを購入した。 それらの循環させる使用するおよびいるが、全くの蛇口にもかかわらず、まだ完全に現役。

いくつかあるモバイルバッテリーを基本作業室で原稿を書いている毎日持ち歩くこともなく、私のようなフリーランス・ライターを使用していても携帯電話のバッテリーの寿命なんてまぁァ〜来ない。 寿命よりモバイルバッテリー表面樹脂が加水分解してベタベタしてくるのが速くなったりするものである。

そんなこともあり、「以前には、携帯性に優れたそそるモバイルバッテリーを買って集めるのが趣味だった」と定義して、その趣味は封印することを決めた。 そういうわけでも「ソト理由がない限り10000mAh次のモバイルバッテリーを買わない!」と前に書いたものだった。

しかし、しかし。 でも、やっぱり。

もし「ソトの理由があった」場合はどうなのか? つい購入オ・ジウンスよ〜。 いや〜、最終的に携帯電話のバッテリーを愛する。 緊急時に役立つしネ♪(この)ということで、最近購入した携帯電話のバッテリーをご紹介します。 誰も「恥ずかしい……これは!」と感じで、私の考えでは、「買わざるを得ない大きな理由があった製品」である。

我慢できずにポチッてしまったポータブルバッテリたち

昨年から今年の基準に非常に気になっていた携帯電話のバッテリーケーブル内蔵タイプ。 通常のモバイルバッテリーを現地で使用するには、スマートフォンなどを接続するUSB​​ケーブルを携帯する必要がある。 ケーブル内蔵タイプであれば、USBケーブル、携帯不要。 便利なようだ、と。

しかし、ケーブル携帯に異常なもはやモバイルバッテリー所有数を増やすことは、味がない。 モバイルバッテリーの寿命よりもや寿命が先にくる可能性もある。

ですが、ウッド!ぐぬぬっ! そんなものがあるか!!!と買ってしまったのが↓これ。 写真と説明文で紹介する。

電源ケーブルを内蔵してLightning / microUSB / Type-Cに対応する。 出力電流は最大2.1A。 フツーに便利♪

そしてジュギャン!!! 充電用のType-Aプラグ(内容のみやつ)があるケーブルも内蔵! 結局はこれType-Aソケットコネクタ(PCとかのType-Aポートだ)に接続すると、充電可能! 今給電ケーブル充電ケーブルも必要ない第ぇ〜!

ケーブルは本体背面にきちんと保存される。 突然出てきたてしまうこともない。

やや読みにくいが、バッテリー残量を数値表示するLEDを内蔵。 充電用ポートにUSB-CおよびmicroUSBを備え、すべて2.1A入力に対応する。 出力Type-Aポートもある。 また、2個の白色LEDランプを内蔵して連続点灯/点滅/ SOSモールス点灯(および消灯)を転換される。

てゅか、充電用USBケーブルまで内蔵する携帯電話のバッテリーはすでにたくさんあると思います。 しかし、私の「電源ケーブル不要ということだけで携帯電話のバッテリーを所有することができ増加ダメ」という自分の抑圧を突破するには、「充電用ケーブルも必要ないショーン!」という製品の魅力は十分に魅力的なものだった。

十分な容量がありながらも、各ケーブルを内蔵。 「ああ、ケーブルもたらす忘れて!」と失敗がないのがいい。 大容量なので、場合によっては出張などでもUSB-ACアダプタ不要になるかも。 391gという重量をどう思うかだね。

マジか! 給電ケーブル内蔵うえコンセントに直接供給対応つ星!

と〜かなり大容量であり、全体のケーブル内蔵のモバイルバッテリー買っちゃった〜♪と喜んでいた私。 しかし、「もしかして?」と思って、Amazonで検索すると、「かどうか〜スター!」と驚くすぐポーチが↓これ。 ここの写真と説明で紹介しよう。

電源ケーブルを本体側面に内蔵。 3つ内蔵して、それぞれのコネクタはLightning / microUSB / Type-C。 それぞれ最大出力電流は2.1Aで、合計最大出力電流2.1A。

本体背面。 雅楽!!!に見えるのは!?

ジュギャン! コンセントに直接差し込んで充電できるACプラグを内蔵している♪結局は、USB-ACアダプタを使用する必要がない。 しかし、ACプラグ使用時の入力が100〜240V 50 / 60Hz * 0.5Aされ、入力電流の量が少ないため、充電時間がかかる。

他の充電用microUSBポート(最大入力電流2A)もあるので、出力が大きいUSB-ACアダプタを使用した急速充電も可能である。 バッテリーは、4つのブルーLEDで表示タイプ。

コンセントに直接挿入可能であり、薄くて携帯性が良好容量もただ十分感じのバランスのとれた仕様がナイス。 色も良い感じ。 ケーブル不要、USB-ACアダプタも必要なく、携帯電話のバッテリーの完成形ではないか。

偉大なんだな〜と思うのはACプラグが正しく貫通という点。 日本では、ACプラグの脱落防止等のための穴が義務付けられているが、海外製品と、これを無視していることが散見される。 OMKUYブランドはそのような部分までしっかりと考えていな。

てゅか、OMKUYって読む? 大牟田クイ? 大牟田キュイ? 謎。

ソーラーパネルがある携帯電話のバッテリーは、洗練された研究に魅せられた私

最後に、太陽電池パネルの携帯電話のバッテリー。 まあ、アウトドア専用たり災害のためのと言って、よくあるカテゴリーの製品。 ですが、山の一品↓は「これは回転なぁ〜」という工夫があった。 また、写真や説明に紹介したい。

まあ、非常によく設計されたソーラーパネル内蔵および外付けパネルの使用可能なモバイルバッテリーのことだった。 気配りというか、日本人的シンボルと一致するというか、かなりマニアックなデザイナーがデザインしていますか? ここまで洗練されたソーラーパネル式の携帯電話のバッテリーは、見たことが年齢! ツーことで、ポチッと待っていたのだった。

と感じの「買わないことがなかったモバイルバッテリー×3種」モバイルバッテリーが好きな方は是非チェックして見て!

READ  ByteDance、アリババ電子商取引の王に挑戦するために数千人の雇用

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close