スポーツ

グランアレグリア、引退前マイル選手権タイトル防衛

ディフェンディングチャンピオンで最高の勝率を持つグラン・アレグリアは、日曜日にマイル選手権で38回目の優勝を果たし、6回目の1年生の優勝で彼女のレースキャリアを終えました。

遅い出発のフランスの騎手Christophe Lemaireは、阪神競馬場からGran Alegriaを外に引き出し、過去300mを4分の3の差で優勝しました。

Gran Alegriaは1分32.6秒で、1,600mの芝生レースで2位のSchnell Meisterを0.1秒先に締め切りました。 Danon Kidは3位でもう一歩遅れました。

「安心感を感じる。 今回がGran Alegriaの最後のレースだったので、彼女が何で作られたのかを見せたいと思いました。 彼女は彼が特別な人であることを示しました。」

「彼女はいつも特別な言葉でした。 彼女は2歳の時から最高レベルのレースを広げ、常に良いレースを広げました。 ファンは彼女を愛した。 私は彼女が本当に恋しい」と言った。

5歳のディープインパクト雌馬Gran Alegriaは、1億3000万円(114万ドル)の賞金と10億円(877万ドル)のキャリア収入を達成しました。

レースは普段開催される京都競馬場保守工事により、2020年から阪神競馬場で開催されています。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、ストーリーを正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  大谷、オールスター優勝| ニュース、スポーツ、採用情報

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close