トップニュース

グローバルチップ不足で、日本の自動車会社を続けて苦しめること

メーカーとの技術者は、生産を妨害するグローバルチップ不足を助長する一連の挑戦から抜け出したいが、解放されることを望む人々は、しばらくお待ちください。

実際に、いくつかの自動車メーカーは、今後数年の間に問題を解決するのか分からないという恐怖を感じます。

今月初め、日本の自動車メーカーは、2020年会計年度の収益を報告しており、供給負担により、いくつかの生産が中止されたため、チップの不足が主なテーマでした。

道路への影響の程度は、会社ごとに異なる場合があります。 たとえばToyota Motor Corp.は、この “を小さな危険」と説明しました。

しかし、スズキ社長鈴木俊弘(Toshihiro Suzuki)は、はるかに悲観的な見方を明らかにした。

彼は先週、オンラインの記者会見で、「半導体不足が慢性的な問題になると考えている」と述べた。

供給不足で鈴木は4月と5月に一時的に一部の生産を中止し、次の月に再びする計画だとします。

“Biden政権は、チップの戦略的投資を計画していると発表しました。 私たちは、日本が、業界を保護するために、この問題を統合し、解決しなければならないと思います。」とSuzukiは言いました。 「会社が任せには余りにも大きな投資です。」

ジョー・バイデン米大統領の政権は昨年末から始まった、限られた供給に対応するため、半導体製造や研究に500億ドルを投資することを促しました。

米国と中国のような国が経済回復を見せチップの需要が予期せず急増しており、感染症の中で在宅生活がコンピュータとビデオゲームで家電製品に至るまで、さまざまな電子製品に対する需要を増加させるのに役立ちました。

特に自動車メーカーを強打して生産量を減らしました。

Nissan Motor Co.は、チップ不足で今年の会計年度に総生産量の約50万台減少すると予想されSubaru Corp.は48,000台の自動車をより少なくすると述べた。

需要急増に加え、3月、日本の主要な半導体メーカーであるルネサスエレクトロニクスの火災など不測の事態が懸念をさらに深化させた。

したがって、サプライチェーンがいつ正常に戻るのか疑問は残っています。

今月初めGartner Inc.が発表した報告書によると、チップ供給の負担は来年第2四半期まで続くと予想されます。

ジョー・バイデン米大統領は2月にワシントンでグローバル半導体チップ不足の問題を解決するための行政命令に署名する前に、半導体チップを持っています。 | ロイター

しかし、その見通しは、半導体産業全般に対するものであり、自動車の生産のためのチップに関しては、状況が異なる場合があります。

「日本では、自動車産業を考えるとき、人々は自動車産業が最高の産業だと思うが、半導体の消費の面では、実際にニッチです。 “全体の半導体市場の10%未満を占めるMasatsune Yamajiが言いました。 Gartnerのアナリスト。

したがって、業界では、スマートフォンやデータセンター用チップのような他の主流のチップの需要が急増したときに、一般的に収益性が落ちる部門である自動車、半導体の生産が特に困難な場合があります。

自動車、半導体の需要は、自動車が自律走行と、より多くの接続された機能と同じ機能のために、より多くのチップを必要とするため、今後数年の間に増加すると予想されます。

「5年以内に自動車用チップは、おそらく全体の市場シェアの10%を超えることだが、まだ10%に過ぎません。 ニッチのままになります。」とYamajiは言いました。

半導体の全体的な需要が増加すると、自動車メーカーは、在庫確保のために、互いに競合する必要があり、これにより、より多くの不足が発生しています。 Yamajiはこのサイクルが続くと予想されます。

事実、自動車産業がチップ不足の問題を解決する必要があるのは今回が初めてではない。

自動車メーカーは、2017年と2018年にサプライチェーンの緊張に直面しており、自動車メーカーは、チップの製造元に生産能力と量を増やすように、圧力ウルガし部品サプライヤーも大量の在庫を調達しました。

「それでは2019年に何が起こったのですか? 突然の自動車メーカーがあまり必要ではないことが明らかになりました。」とYamajiは言いました。

その結果、チップのメーカーと部品サプライヤーの過剰在庫が発生しました。

世界最高の自動車半導体メーカーの一つであるRenesasは、生産を中止し、従業員を解雇しなければならし社長は退いた。

「2017年から2019年の間に起こったことが再び起こるだろうと思います。 事実、今起こっている。」とYamajiは言いました。

世界最高の自動車半導体メーカーの一つであるRenesasは、過去のチップ不足に対応して、過剰な生産以降の生産を中止し、従業員を解雇しなければならいました。  | ロイター
世界最高の自動車半導体メーカーの一つであるRenesasは、過去のチップ不足に対応して、過剰な生産以降の生産を中止し、従業員を解雇しなければならいました。 | ロイター

経済産業省は、過去の教訓を生かし、自動車メーカーの代表者で構成されたワーキンググループを発足させ、チップ​​製造とベンダーの姿勢を変えてチップ不足の影響を緩和する計画だ。

このグループは、自動車メーカーがより細心の生産計画を提示することができる方法を議論することが予想されます。

「いくつかの自動車メーカーは、生産計画を表示せずに部品のみ注文します。 生産計画があっても実際の需要をどれだけうまく反映しているは、疑問の余地があります。」とMETIの関係者は言いました。

細心のアプローチが存在しない場合、「部品サプライヤーとチップ製造業者は、実際に生産と投資計画を出すことができません。」と関係者は、なお過去の繰り返しを避けたいと言いました。

グループはまた、自動車メーカーと半導体メーカーとの間の直接的な関係を深める方法についても議論することです。 実際にチップを調達する部品サプライヤーであるため、一般的に部品サプライヤーとチップメーカーの間の通信が行われます。

別のMETIの関係者は、「自動車メーカーにチップのメーカーは、複数の層のサプライヤーの後ろの人であるだけだ」と語った。 しかし、グローバル不足で状況が変わったので、自動車メーカーは、彼らと「より公正な関係」を構築する必要があると述べた。

「自動車メーカーが直接通信するチップ製造業者が顔を見ることができます。 直接対話したことがない人からの要求を受けるとはかなり異なる印象を与えるでしょう。」

誤った情報とあまりにも多くの情報の時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  日本航空、全日制の代替燃料としての初飛行運航 - AirlineGeeks.com

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close