技術

グローバルファンド、エイズ、結核、マラリア撲滅、健康システムを強化するための日本の主要なコミットメントに拍手 – World

ジュネーブ – エイズ、結核、マラリア撲滅グローバルファンド(Global Fund to Fight AIDS、Tuberculosis and Malaria)は、日本が2030年までに3つの病気を終息させ、健康のためのより強力で弾力的で持続可能なシステムを構築するために最大10億8000万ドルを投入し、世界保健分野で優れたリーダーシップを発揮したことを褒めます。 、普遍的な健康保証(UHC)を達成するため。

岸田文夫(KISHIDA Fumio)首相は、チュニジアで開かれた第8回東京アフリカ開発会議(TICAD8)で、グローバルファンドの第7次サプリメントに対して日本が最大10億8000万ドルを支援すると発表した。

岸田首相は「コロナ19の拡散で感染病対処の重要性が再び悟った。 私は今日、日本が今後3年間、グローバルファンドの7次サプリメントに最大10億8000万ドルを寄付すると発表しています。 これは人間の安全保障のアイデアに基づいており、HIVやエイズ、結核、マラリアなどの主要な感染症の対策を支援し、特にアフリカの医療システムの強化に貢献しています」

日本の公約は、次の3年周期に必要な総資源の割合の増加に伴い、前の3年期間に比べて最大約30%増加を示しています。 これは、日本の技術、専門性、革新を活用し、グローバルファンドを通じて支援を必要とする人々に貢献しようとする日本の強い意図です。 TICADは、HIV、結核、マラリアを終結させるために非常に重要な大陸であるアフリカの開発に焦点を当てるために、さまざまなパートナーが一堂に会する国際会議です。

「最大10億8000万ドルを約束することで、日本政府は2030年までにこのような伝染病を終息させ、国家が将来の伝染病にもっと備えてUHCに向けて進むことができるように、より強力で回復力のある健康システムを構築するという約束を落ち着かせる」として証明しています。」 グローバルファンドの専務取締役であるPeter Sandsは、次のように述べています。 「UHCを達成するためにHIV、結核、マラリアの終結を加速するために、この強力なリーダーシップを提供したKISHIDA首相と日本国民に非常に感謝します。」

日本は2000年、G8 Kyushu-Okinawa Summitの議題に伝染病を導入し、2002年にGlobal Fund設立の基盤を設けました。 パートナーシップを通じて、過去20年間で4,400万人の命を救い、年間15億ドルを投資し、より弾力的で持続可能な健康システムを構築することができます。 UHCの長年の支持者である日本は、2023年にG7首脳会議を開催する予定です。

米国政府が主催するグローバルファンドの第7次サプリメント会議は9月19日にニューヨークで開催され、次の3年周期の補助金を支援するために少なくとも180億ドルを募金することを目指しています。 グローバルファンドは、180億ドルの資金が2000万人の命を救い、HIV、結核、マラリアによる死亡を64%削減し、感染症のコントラストを強化するために健康と地域社会のシステムを強化すると推定しています。

READ  ウォールストリートのフラットオープン; 国債の利回りは、銀行を上昇させます

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close