経済

グローバル投資家の会議:K’taka大臣、日本にKannadaディアスポラを招待

カルナタカ大手産業大臣 Murugesh R. Nirani は、土曜日の 11 月 2 日から 4 日まで日本で開かれる予定の GIM (Global Investors Meeting) に日本にある Kannada ディアスポラを招待しました。

ニラニが率いる国家代表団は、今後のGIMに日本の投資家を招待するために東京にあります。

Niraniは土曜日、東京のインド大使館で東京・カンナダ・ディアスポラが主催したプログラムでこう語りました。 「Karnatakaと日本は友好的な労使関係を共有しています。 日本に関する限り、日本産業タウンシップはその州のTumkur市近くのVasanthanarasapuraに設立されました。

「約519.55エーカーの土地が割り当てられ、基本インフラが提供されました。 カルナタカに投資する日本企業に対するすべての支援を奨励し拡大します。

「州政府は、より大きな経済発展を達成するために、すべての分野で外国企業の直接投資を奨励しています。 Karnatakaは、最も多くの外国人直接投資を誘致した州リストで1位を占めました。 国家の総外国人直接投資での私たちの分け前は38%です。

Niraniはまた、インドを世界的に競争力のあるものにするNarendra Modi首相の努力と、インドの発展のためのBasavaraj Bommai首相の方針に賛辞を送りました。

今回のイベントでは、東京・カンナダ・ディアスポラのガネシュ・クリシュナイアは次のように語った。 日本の市民も、カンナダ・ディアスポラが主催するウガディ祭りに参加して祝います。

READ  中国の製薬会社、収益性の良い米国抗がん市場を目指し

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close