グローバルK-Popストリーム42%急増

1 min read

ボーイグループ防弾少年団 [BIGHIT MUSIC]

木曜日の音楽およびエンターテイメントデータプロバイダーのルミネート(Luminate)によると、K-POP音楽のグローバルストリーミングは昨年より42%増加しました。

ルミネートの週刊誌火曜日テイクアウェイ(Tuesday Takeaway)は、2022年上位100台Kポップグループのオンデマンドオーディオおよびビデオストリームが10月5日現在、合計904億件に達したと明らかにした。

日本が97億ストリームで最も多く、アメリカ、インドネシア、韓国、インド、フィリピン、メキシコがその後に続いた。

日本のZ世代女性の約39%が韓国音楽を聴きます。 ルミネートはこの世代が一般の日本人口に比べてKポップを聞く確率が105%高いと述べました。

ベトナムと香港でもKポップストリームが昨年よりそれぞれ59%、50%増加して成長傾向を見せたと会社側は付け加えた。

ローカルストリーミング設定は、アメリカの上位5つのアーティストによって異なります。 防弾少年団二重ブラックピンクストレイキッズ そして ニュージンズ。 KポップグループBTS、Twice、Blackpink、NewJeansのほとんどのストリームはアジアから派生しており、それぞれ50%を超えています。 ボーイズグループStray Kidsの場合、ストリーミングの60%以上がアジア外で発生し、29%はアメリカ、メキシコ、ブラジルで発生しました。

キム・ジエ記者 [[email protected]]

READ  ウクライナ戦争が大きくなって「平和」パラリンピック閉幕
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours