ケニア・キフルト・エチオピア・ケベデ、東京マラソン優勝

Estimated read time 1 min read

ケニアのベンソン・キープルトとエチオピアのスツメ・ケベデが、日曜日の東京マラソンでそれぞれ男女レース記録に優勝しました。

Kiprutoは最終ステージで同胞であるTimothy Kiplagatをタップし、2時間2分16秒で家に帰りました。

Kiplagatは2時間2分55秒を記録し、Vincent Kipkemoiは2時間4分18秒でケニアの授賞式を掃除しました。

ケニアのベンソン・キープルトが日曜日、東京男子マラソンで1位を獲得しました。 写真:Yuichi Yamazaki/AP(AP)

9位の西山優介(Yusuke Nishiyama)は、2時間6分31秒の記録で日本選手の中で初めて決勝選を通過したが、これは日本陸上競技連盟が設定したオリンピック予選基準である2時間5分50秒を超えた記録でした。

その結果、オリンピック2回出場選手のスグル大阪が10月のマラソングランドチャンピオンシップで3位を獲得し、今夏のパリオリンピック男子マラソンの3番目で最後の日本進出権を占めるようになりました。

西山は涙を流しながら「予選時間を超えないと結果は意味がない」と話した。 「私の唯一の目標はパリだったので、他の目標は考えにくいです」

AP24063213923674.jpg

エチオピアのスツメアセファ・ケベデが日曜日に東京マラソン女子レースで優勝した後、歓声をあげています。 写真:Yuichi Yamazaki/AP(AP)

ケベデは2時間15分55秒の記録で女子レースで優勝し、ケニアのディフェンディングチャンピオン・ローズマリー・ワンジル(Rosemary Wanjiru)が2位、エチオピアのアマネ・ベリッソ・シャンクレー(Amane Beriso Shankule)が3位。 6位 柳ひとみ(Hitomi Niiya)は2時間21分50秒の記録で、日本の女性選手の中で最も速い記録を立てました。

Kiprutoが走るまで約10kmを残し、水平になる前にKiplagatは速度を設定しました。 二人は、東京駅前のフィニッシュラインに近づき、キプラガットが別れるまで日本の首都を疾走した。

32歳のキフルトはまだ発表されていないケニアオリンピックチームの候補資格を強化し、歴史上5番目に速いマラソン選手となりました。

2022年に東京マラソンの終戦記録を立てたエリウッド・キップチョゲ(Eliud Kipchoge)は2時間06分50秒で10位を占めました。 39歳のケニア人は早く先頭を走って途中になる前に降り始めました。

Kipchogeは「私は十分に健康でしたが、レースの途中で問題が発生しました」と述べた。 「今は(オリンピックについて)言うには早いと思います。戻ってリラックスして訓練を始めます」

日曜日のレースは、ケニア・マラソンの世界記録保有者であるケルビン・キプトム(Kelvin Kiptum)が24歳で、故国で交通事故で死亡し、国際陸上界が衝撃を受けてから1ヶ月も経って開かれました。

浮上する星は10月にシカゴマラソンで2時35分の世界記録を立て、パリで以前の世界記録保有者キプチョゲと金メダルを競い合うことが予想されました。

©KYODO

READ  60年ぶりに初ストライキ、日本の有名デパートのドアを閉じる
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours