ケンスケコンドとドミンゴサンタナが権威あるトリプルクラウンをめぐって競争

1 min read

大谷翔平がメジャーリーグベースボールでトリプルクラウンを狙う中、日本ではシーズン半ばを過ぎた中で二人の選手がこの名誉ある栄誉をめぐって競争しています。

7月10日水曜日現在、福岡ソフトバンクホークスのケンスケコンドウは打率.337でパシフィックリーグを率いており、ホームラン13個で共同1位、打点47個で全体2位を記録しています。 これはチーム仲間の穂高山川よりわずか3つ遅れた数値です。

三関王
福岡ソフトバンクホークスのスターケンスケコンドミニアムが打席で途方もないシーズンを送っている。 (©SANKEI)

セントラルリーグでは、スワロスのドミンゴサンタナが打率(.312)で1位、打点(42)で2位、ホームラン(11)で3位を記録しました。

三関王
東京ヤクルトスワロスの強打者ドミンゴサンタナ(©SANKEI)

東京ヤクルトスワロスの村上宗高は、2022年に56本のホームランと134本の打点、打率.318を記録し、22歳でトリプルクラウンを占めた最年少選手となりました。

元ロッテオリオンズ強打者 おちあい広光1982年、1985年、1986年、3回もNPBトリプルクラウンを達成した歴代最多優勝者コンドミニアムは、コンドミニアムの打撃能力についてコメントした。

「彼のパロスルーははるかに大きくなった」 オチアイはTBSのサンデーモーニングニュース番組で語った。 「彼は全身を使って最後までスイングし始め、それが彼の向上した数値に大きな要因だと思います」

三関王
1985年資料写真の中の大知広光。 (©サンケイ)

トリプルクラウン優勝者の思い出

今シーズンの2度の優勝は、阪神タイガースのランディーベースとロッテオリオンズのオチアイが2年連続で賞を受賞した1980年代半ばの思い出を思い出させます。

1985年、ベースは打率.350、ホームラン54個、打点134個を記録し、内知は打率.367、ホームラン52個、打点146個を記録しました。

まるでこれだけでも十分に印象深かったのですが、両選手は翌年に再び優勝し、再びこの成果を達成しました。

三関王
1986年ファイル写真のランディベース。 (©SANKEI)

1986年、ベースは47本のホームランと109個の打点、打率.389を記録し、内知は50個のホームランと116個の打点、打率.360を記録しました。

NPBで素晴らしい時間でした。 視点を変えて言えば、村上が2022年にトリプルクラウンを占めるまで、86年から2022年までトリプルクラウンを占めた唯一の選手は 信彦松中 2004年ソフトバンクホークス所属。

日付のないファイル写真の中のおさだはる。

来る1973年と1974年にトリプルクラウンを達成しました。

ベースとオチアイのほか、2年連続でトリプルクラウンを席巻した唯一の選手は日本のホームラン王大沙春で、彼は1973年にこれを達成し、1974年にも読売ジャイアンツでトリプルクラウンを再び達成しました。

NPB史上、この賞を受賞した選手は全員8人だ。

前述の選手のほかにも、1984年阪急ブレイブスのグレッグ「ブーマー」ウェルズ、1965年南海ホークスの勝谷野村、1938年読売の初代優勝者である春康中島などがあります。

大谷はナショナルリーグでホームラン281位、打率(.315)1位、打点(65)共同3位に上がっている。

MLBで最後にトリプルクラウンを達成した人は ミゲル・カブレラ 彼は2012年にデトロイトタイガースで打率.330、ホームラン44個、打点139個を記録しました。

関連:

SportsLookで一年中野球中継を読んでください。

著者:ジムアームストロング

著者は25年以上日本のスポーツを取材した長い記者です。 彼の SportsLookに関する記事

READ  デザートクラウン、「わずかな怪我」のために残っているシーズンコロンレーシングニュース
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours