ケンタッキーバレーボール、日本ツアーで2024シーズンを準備

1 min read

ケンタッキー州バレーボール代表チームが11日間日本巡回遠征を離れ、日本大学と5試合を行った。 7回SECチャンピオンを守った彼らは、秋のシーズン前に早期練習とチーム結束力を得ることを目指しています。 クレイグ・スキナー監督は、今回の旅行がプレシーズンの準備にとって重要な出発点となり、特に新規選手に役立つと強調しました。 先輩選手とコアメンバーは、これを貴重な経験とチーム結束の機会と見て共感します。

数字で

  • 5試合を含む11日間のツアー
  • 7回SECチャンピオン防衛

はい、でも

国際的にはゲームプレイに若干の違いがあり、チームの調整が必要です。

プレイステータス

  • イギリスのチームは、他のチームよりも先に3週間の追加練習を行います。
  • 新たな選手適応とチーム結束力強化に集中

今後の計画

チームは復帰後、日本の新しい戦略と経験を通常の練習に統合し、プレシーズンでリーダーを維持することを目指します。

結論

今回の海外旅行は練習、チーム結束、多様なゲームプレイスタイル学習に重点を置いて2024シーズンを早期に確保するためのケンタッキーバレーボールの戦略的動きです。

READ  プライベート| Yokozuna Hakuhoの退職は相撲の世界に危機を予告します。
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours