技術

ゲームにもストレージにぴったり最大6500MB / sの追加カードSSD「WD_BLACK AN1500」レビュー – GIGAZINE



高速読み取りと書き込みが可能なハイエンドSSDはM.2を採用しているのが一般的であるが、M.2マザーボードに直接ネジで固定する必要があるので、小さなPCケースを使用している場合、後付けが困難な場合もあります。西デジタルゲームSSD “WD_BLACK AN1500“であれば、PCIeスロットに装着するだけで、最大6500MB / sの読み取り速度と最大4100MB / sの書き込み速度を提供することができるので、実際に使用してその性能を確認してみました。

WD_BLACK™AN1500 NVMe™SSD Add-in-Cardにアクセス| Western Digitalストア
https://shop.westerndigital.com/ja-jp/products/internal-drives/wd-black-an1500-nvme-ssd#WDS200T1X0L-00AUJ0

◆外観
WD_BLACK AN1500の外傷はこんな感じ。 AN1500は1TB、2TB、4TBの3モデルが、今回のレビューは2TBモデルです。


ボックスの背面には、AN1500のスペックが記載されています。


AN1500は、2つのNVMe SSDにRAID0を構築し、データのスループットを向上させています。 読み取り速度は最大6500MB / s、書き込み速度は最大最大4100MB / sとゲーム用途にも十分なスペック。


内容物は、AN1500本体と3種類のマニュアル。 ロープロファイルブラケットは含まれていません。


「WD_BLACK」というシリーズ名の通り、AN1500はブラックを基調としたシンプルなデザインです。


本体に印刷された白 “WD_BLACK」の文字が目を引きます。


裏面はこんな感じでバックプレートに覆われているため、インストール時に基礎亀裂などの強度心配はないでしょう。


本体の側面にも「WD_BLACK」の文字を確認した。


長辺144.7mmのPixel 5とサイズを比較してみました。 AN1500は短いベースのグラフィックスカードよりもわずかに大きいような場所での小型のPCケースでも余裕を持って装着することができるようだ。


AN1500には、PCIe 3.0レーン8個使用して通信します。 2019年のハードウェアが登場したPCIe 4.0はサポートしていないので、注意が必要。


すぐAN1500をマザーボードに装着して、PCの電源をオンに。


ゲームのためのPCパーツらしく側面には七色に光るLEDが搭載されています。


◆ベンチマーク
ここでは、さまざまなベンチマークを実行して、AN1500の実力を検証しています。 ベンチマークに使用された環境は、次の。

マザーボード:ASRock B550 PG速度
・CPU:Ryzen 9 3900X
・ラム:16ギガバイト
・それほど:Windows 10 20H2

まずCrystalDiskMarkテストサイズを1GiBに設定し、速度を測定してみました。 読み取り速度最大6500MB / s、書き込み速度最大4100MB / sの公称偽りがないことを確認できた。


AS SSDのベンチマークでの測定結果はこんな感じ。


ATTOディスクベンチマークしかし、約公称距離の測定結果を得ることができました。


ベンチマーク中のドライブの温度は62℃に冷却性能はそこそこ。


最近のSSDはメモリの一部をシングルレベルセル(SLC)のキャッシュ領域として利用してTLCとQLCなど3bit以上マルチレベルセル(MLC)化による書き込み速度の低下に対処しています。 しかし、大容量のファイルを連続して書いた場合は、キャッシュを消費されたTLCとQLC本来の書き込み速度しか出せないという弱点も存在します。 AN1500で、そのような弱点がどのように現れるかのベンチマークツールfioを利用して調査しています。

fioでファイルシステムを介して2000GiBファイルを送る書き込み速度の測定結果をグラフで表したものが次の。 目立つ書き込み速度の低下は見られず、約3200MB / sの書き込み速度を維持することができます。


ファイルシステムを介さずに、物理ドライブに直接書き込む場合は、書き込みを開始数秒は4500MB / s程度の書き込み速度が出ているが、後には3500MB / s程度の速度で記録することが分かっています。


AN1500は2つのSSDでハードウェアRAIDを構築していますので、SLCキャッ​​シュに頼らなくても、元のスループットに優れたデザイン。 今回のレビューでは、最近のSSDに見える書き込み速度の低下は確認されていません。

◆Western Digitalダッシュボード
AN1500に限らず、Western Digital製品のSSDは “Western Digitalダッシュボード」という公式のソフトウェアでの状態を確認し、ファームウェアの更新、LEDの調整などを行うことができます。

ソフトウェアとファームウェアのダウンロード| WDサポート
https://support.wdc.com/downloads.aspx?p=279&lang=jp

ダウンロードページにアクセスして、「ダウンロード」をクリックすると、ダッシュボードのインストールプログラムをダウンロードすることができます。


「DashboardSetup.exe」というファイルがダウンロードされるので、ダブルクリックして実行します。


インストールプログラムが起動されると、「インストール」をクリックします。


インストールが完了するまで数十秒程度待っている。


インストールの完了後、「終了」をクリックすると、ダッシュボードを開始します。


ダッシュボードの画面はこんな感じ。 「状態」は、空間と温度、PCIeレーン情報等を確認することができます。


「性能」は、読み書き速度をグラフで確認することができます。


ファームウェアの更新は、「ツール」画面で行います。


「RGB」は、SSDに搭載されたLEDの発光パターンなどを変更することができます。


◆まとめ
AN1500は、ハードウェアRAID0を構築し、高速に読み書きを安定的に行うことができます。 弱点はPCIe 3.0レーン8つも使えちゃう点で「PCIe 3.0までサポートしていないマザーボードとグラフィックスカード」と呼ばれる環境で使用する場合のPCIeレーンが枯渇してしまう可能性があります。しかし、書き込み速度が最大4100MB / sであることを考えるとき、PCIeレーン数の制限がボトルネックを覚悟して「PCIe 3.0 x4スロットにAN1500を装着する」ということは、十分にアリの使用法。 ゲームの目的だけでなく、大容量のデータを保存するストレージなどにも最適のSSDがされています。

WD_BLACK AN1500は1TBモデルが2万7860円、2TBモデルが5万4510円、4TBモデルが10万2970円、Amazonで販売されています。

Amazon | Western Digital WD Black内蔵SSD AN1500 WDS100T1X0L-EC NVMe PCIe Gen 3 x 8接続のゲームPC 1TB 5年保証】【国内正規代理店商品】| WESTERNDIGITAL | PC・周辺機器販売

Amazon | Western Digital WD Black内蔵SSD AN1500 WDS200T1X0L-EC NVMe PCIe Gen 3 x 8接続のゲームPC 2TB 5年保証】【国内正規代理店商品】| WESTERNDIGITAL | PC・周辺機器販売

Amazon | Western Digital WD Black内蔵SSD AN1500 WDS400T1X0L-EC NVMe PCIe Gen 3 x 8接続のゲームPC 4TB 5年保証】【国内正規代理店商品】| WESTERNDIGITAL | PC・周辺機器販売

この記事のタイトルとURLをコピー

READ  2万円で買える「Apple Watch Series 3」を1ヶ月になったこと| ROOMIE(ルミ)

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close