ゲーム開始! 200インチ画面のeスポーツで東日本都市の世代間交流活性化

Estimated read time 1 min read





eスポーツイニシアティブのためにゲームを持っている田田吉弘立林市場(左)とゲームを寄贈した糸井ホールディングスの糸井武之社長が2024年1月11日、群馬県立林市で見られる。 (毎日/上海組)

立林、群馬 – 日本東部のこの都市政府は、「太鼓のタツジン」(リットルドラムマスター)や「ぷよぷよ」などの人気ビデオゲームを使って、eスポーツによる世代間の交流を促進し始めました。 。

群馬県立林自治団体は、観光名所の津津ヶ丘公園ふれあいセンターで2月10日体験イベントを開催する予定だ。 立林政府は、同じ県高崎市に本社を置く糸井ホールディングス(Itoi-Holdings Co.)が寄贈したゲームコンソールを使って200インチ大画面でゲームを体験できるだけでなく、市内11のコミュニティセンターで世代間交流プログラムを提供する予定だ。 。

eスポーツは2023年中国杭州で開かれたアジアゲームと2026年名古屋で開かれるアジアゲームで正式種目として採択された。 eスポーツは現行トーナメントも開催されるなど日本全域でも人気を集めている。 群馬では、県政府がeスポーツ体験キャラバン団を編成し、装備を貸し出してきており、糸井ホールディングスは高崎に常設施設を運営している。

ふれあいセンターにあるつつじ映像学習館には、特殊メガネを通して画面上の立体映像を見ることができ、椅子が動いて空気が出る常設「4D劇場」がありますが、2016年開館以来利用客数が断られました。

立林政府は県政府の紹介を通じて糸井ホールディングスからゲームコンソールとソフトウェアを寄贈され、その中にはフレイセンターで総括管理する「太鼓の達人:リズムフェスティバル」や「ぷよぷよテトリス2」などが含まれます。 地域コミュニティセンターのイベントに必要に応じてリースしました。





立林市公務員が2024年1月11日群馬県立林にある辻池映像学習館4D劇場で200インチスクリーンでビデオゲームを試みている。 (毎日/組上瀬)

また、今後の定期的なデモンストレーションセッションやトーナメントも予定されています。 市観光課側は「設備レンタルに時間と労力がかかったが、今後様々な事業に迅速に対応し、大型スクリーンを効果的に活用できるだろう」と期待している。

去る1月11日映像学習館で寄贈式及び体験行事が行われた。

立林市田田吉弘は「市内のすべてのコミュニティセンターに無料Wi-Fiを設置してデジタル化を進めている」とし、「高齢者や子供たちが頻繁に接触するコミュニティセンターで、スマートフォンとゲームは世代間交流の良いきっかけになる」と話した。 お互いに一緒に」

伊藤井ホールディングスの伊藤井武之社長は「eスポーツは世代、性別、障害の有無を超えて楽しめる。都市活性化に役立つことを願う」と話した。

市内の六甲公民館職員の高橋紀子(59)氏は「家で3台が一緒にゲームを楽しんでいる」とし、「公民館で気軽に遊べれば交流がさらに活発になるだろう」と話した。

(太田地方局上宇世条の日本語オリジナル)

READ  セリ| 映画レビュー| 大都市ジャパン
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours