ゲーム音楽部門栄誉を抱いた日本作曲家下村洋子、「プレイヤーに楽しさをプレゼントしたい」

1 min read





ビデオゲーム作業で有名な日本作曲家下村洋子が、2024年5月14日に東京新宿区で開かれたゲーム開発者チョイスアワードで生涯功労賞を受けた感想を語っています。 (Mainichi/Kengo Miura)

東京 – ビデオゲームの仕事で有名な日本の作曲家であり、ピアニストの下村洋子が優れた開発者とタイトルに授与されるゲーム開発者チョイスアワード(Game Developers Choice Awards)部門である生涯功労賞(Lifetime Achievement Award)の作曲家になりました。

今回の授賞式は、全世界のゲーム開発者が集まり、30年以上にわたりサンフランシスコで開催してきたゲーム開発者カンファレンス(GDC)で授与される。 去る3月GDC 2024で栄誉を抱いた李(56歳)は「それぞれマリオとファイナルファンタジーを作った宮本しげる、坂口博信など歴代優勝者たちの名前を見て一種の一種の作品だと思った」と喜んだ。 間違い」





Nintendo Switch用スーパーマリオRPGパッケージ(C)Nintendo / SQUARE ENIXキャラクター:(C)Nintendo、(C)SQUARE ENIX

下村は同い年のいとこの影響を受け、4歳の時にピアノレッスンを受け始め、正規高校を卒業した後、大阪短期音楽大学でピアノ勉強をしました。 音楽に関連する仕事を探していた彼女は、大阪に本社を置くビデオゲーム会社であるCapcom Co.で音楽作曲家の席を見つけました。

作曲を専攻しなければ採用が不可能だという周辺の言葉にもかかわらず、下村は自身のピアノ作曲デモ録音を提出し、1988年の採用に成功しました。 これが彼女がゲーム音楽作曲の世界に最初の足を踏み出すきっかけとなりました。

1993年に彼女はSquare Co.(現Square Enix Co.)に引っ越し、後でフリーランスになりました。 彼女はKingdom Heartsシリーズ、Super Mario RPG、Final Fantasy XVなどの人気タイトルの音楽作品を務め、国際的な認知度を得ました。





Final Fantasy XV パッケージ (C) SQUARE ENIX キャラクターデザイン: TETSUYA NOMURA ロゴ イラスト: (C) YOSHITAKA AMANO

下村は毎日新聞とのインタビューで「私はゲーム体験を豊かにする舞台裏で力になりたい」と話した。 これを念頭に置いて下村は何よりも「プレイヤーに喜びを与える」ゲーム音楽を作り続けていきます。

(日本語原文:文化ニュース部西本良太郎)

READ  ラグビー2021、日本vsオーストラリアのライブオンラインストリーミング - Film Daily
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours