理科

コビッドのため、3日でファンを救おうとする双子パンダの子が東京動物園でデビューします。

双子のパンダ子は、水曜日に東京の熱烈なファンの前で初めて公開されたが、オミクロン変種によるCOVID-19事例の急増により、当分は3日間だけ展示される予定です。

去る6月、東京上野動物園で生まれた双子の雄シャオシャオ(Xiao Xiao)と妹レイレイ(Lei Lei)は、明るいファンがスマートフォンを持って一緒に遊ぶ姿を撮影しながら、最初の足を踏み出しました。

動物園が水曜日に公開した映像で、訪問者たちは「かわいい! バックグラウンドで。 その後、オスの子は姉妹を踏んで木の上に登る。

この日、日本の西大阪から来た熱烈なパンダファンである田中貴里氏は、「初めて見たときに胸がときめきになった」と語った。

パンダをモチーフにした帽子とバッグを飾ったTanakaは、彼のターンになったときに子が竹を食べるふりをして、「ただ愛らしかった」と言いました。 「彼らを見ればとても慰めになる」。

生まれたとき、手のひらのようなピンク色の生き物であったこの双子は、それぞれ赤ちゃんと同じくらいの重量を持ち、白黒毛で発達しました。 動物園によると、彼らは木に登り、地上の木の部分の上で一緒に遊ぶのを楽しんでいます。

デビューを準備するために、双子の母親は共用のリビングルームに配置され、ラジオの音にさらされ、訪問者の騒音と声に慣れました。

東京都上野動物園で、日本生まれの双子パンダレイ(真ん中の沙汰)と母神。 (写真説明:AP)

この動物園は、感染性の高いオミクロン亜種が日本全域に急速に広がるにつれて、火曜日から閉鎖されました。 動物園は金曜日まで双子のパンダ展示会にのみ開かれており、毎日1,080人の訪問者が競争宝くじに当選し、入場が許可されます。

動物園の従業員である小屋大橋は、縮小デビューを嘆いてコロナウイルス感染が鈍化した後、より多くの人々が子パンダを見ることができることを望んでいると述べました。

一度に6人のグループがパンダの宿泊施設に入り、1分間滞在できました。 公開観覧時間は午前2時間に制限される。

珍しい動物は主に中国の四川地域の竹で覆われた山に生息します。

中国は何十年もの間「パンダ外交」として知られている非公式の国のマスコットを借りてきました。 海外で生まれたパンダを含むすべてのパンダは最終的に中国に戻らなければなりません。

2017年上野動物園で生まれた子双子の姉であるXiang Xiangは、6月に中国に戻る予定です。

中国には約1,800匹のパンダが野生に住んでおり、残りの500匹は動物園と保護区に飼育されており、ほとんどが国内にあります。

READ  神奈川で395人が感染し、累計2万人、入院患者も過去最多:東京新聞TOKYO Web

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close