トップニュース

コメント:ファンデミックは従業員の福祉に対する日本の態度を変えませんでした。

彼は日本の企業文化のため、遠隔勤務の普及率が依然として低いと結論付けた。 彼は多くの日本企業が長い伝統を持っており、オフィス内の同じ部屋で一緒に働く従業員がいて、緊密なコミュニケーションと多くの内部協議がある階層を持っていると述べています。

「このシステムは、チームベースの作業、非公式の情報集約的な作業、少ない裁量権、より自律性、より暗黙の知識交換でうまく機能します。 。 。 しかし、私たちの研究によれば、これらすべては遠隔勤務には適していません。」とOkuboは言います。

この時点で、従業員の健康への危険は、日本が健康に対する態度の重大な企業をリセットせずにファンデミック後に正常に戻ることです。

アジアのウェルネスコンサルティング会社であるConceptasiaのアドバイザーであるPeter Eadon-Clarke氏は、次のように述べています。

「政府と民間部門で長時間の労働とストレスを減らすためのイニシアチブは遅くて安定していますが、緊急の必要性は今や明らかです。」

市場調査会社Intageの調査によると、労働者自身がはるかに悲観的であることを強く示唆しました。 4月に発表された報告書では、調査対象労働者の18%だけがファンデミック期間中に勤務スタイルが変わったと述べ、13%のみがこの変化が永久的であると予測しました。

日本の労働者は、職場で見えない線がどれほど難しいか、誰よりもよく知っています。 彼らはまた、それらを変えるのに前例のない世界的な流行よりも多くの時間が必要であることを知っています。

READ  12個の日本企業、ウイグル強制労働関連事業の取引停止

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close