コメント| 韓中日会談再開で緊張緩和の希望

1 min read
違いもはっきりしました。 3カ国すべてが重要性を確認したが、 非核化 李昌中国首相は「関連当事者に自制を促した」とし「韓・米・日軍事関係の強化に対して中国が緊張を高めている」と間接的に非難したものと解釈される。

一方、韓国と日本は国連制裁に違反し、朝鮮半島の安定を毀損する北朝鮮の衛星発射計画を非難した。 異なるセキュリティビジョンのために、3つの企業の地域的優先順位を調和させる課題が特定されました。

このような亀裂にもかかわらず、今回の首脳会談では協力深化のための青写真が提示された。 まず、より多くの企業参加を通じて。 280人を超える企業関係者と長官たちが首脳会談とは別に会議を招集し、国境間の商業関係を促進し、常設実務グループを設立するという約束をしました。

共同指導者たちの声明はまた、2011年3国政府が設立した国際機関である3国協力事務局が主催した2024年3国起業家フォーラムの招集を歓迎しました。

03:10

韓中日三者首脳会談で貿易と台湾の議論

韓中日三者首脳会談で貿易と台湾の議論

ビジネスステークホルダーをプロセスに参加させることは、軍事的緊張を維持し、トップダウンで争うよりも、共有された経済的利益に焦点を当てたボトムアップの視点を注入します。

3つの国々にわたって企業がかなりの持分を持っている状況では、企業協力は近隣諸国間の持続可能な参加のための生産的な道を提供することができます。 両国政府が政治と安全保障の問題について異なる場合でも同様です。 例えば、韓国企業は依然として残っている。 中国への膨大な投資したがって、ビジネス関係を育成すると、地域を安定させるための制度的インセンティブが生まれます。
2番目の提案は、簡単に勝利できる政治的負担の少ない分野で始まり、最終的にはより重要なトピックへの進歩を可能にする政策調整の習慣を根付くことです。 戦闘などの共有コマンド 気候変動技術革新を促進し、公衆衛生を強化することは、3カ国すべてで超党的な国内支援を受ける分野であるチームワークに意味のある勝利を提供します。

このように重要であるが比較的非政治的な問題に対する実質的な協力は、中国が信頼できるパートナーであるという認識を回復するのに役立ちます。

ピューリサーチ(Pew Research)世論調査によると、日本と韓国は最も高いスコアを受けた国の一つに選ばれました。 中国に対する否定的な見解 昨年はそれぞれ87%と77%が否定的でした。 非安全保障問題についても多国間調整の記録を構築すれば評判を回復し、複雑な課題に対する協力のためのホイールに潤滑油を供給することができます。

長年にわたり地域の信頼が悪化した後は、そのような外交的に重い荷物を積むことが不可欠です。 基本的な協力の習慣と約束された人的関係を最初に確立しなければ、サミットで提示されたより魅力的なビジョン、すなわち3国のパートナーがASEANや太平洋諸島の国などの他の主体と共同で参加するというより魅力的なビジョンがもっともらしくなることがあります。 。

3番目で最も基本的なのは、北京、ソウル、日本間の会話のためのオープンチャンネルを単純に維持することが不可欠であるということです。 突破口が見つけにくい場合でも、単純な会話行為だけでも、マイナーな摩擦が不必要に拡大することを防止できます。

この地域は、近年、そのような外交的緊張のために不安定な結果を受けました。 中国の賦課 非公式経済制裁 2017年、韓国のミサイル防衛体系(MD)問題に対する議論は、直接的に不満を表出できずに大きな葛藤に直面した。 近年、韓国の対米戦略的連携とこれに対する中国の対応により、政府レベルのコミュニケーションがより脆弱になりました。
同様に、2019年にソウルと東京の間に発生した危機は 歴史的紛争 そして、指導者レベルの参加が崩壊し、相互輸出管理が引き起こされた。 企業の不買運動につながる公衆の感情の悪化は、政府の参加不足のために抑制されずに放置されました。

02:26

日韓貿易戦争の緊張を高める

日韓貿易戦争の緊張を高める

根深い不信が隠れているところでは、好戦的な公開声明や対応など攻撃的な外交が交渉テーブルに顔がないときの基本モードになります。 会話チャンネルを開いたままにすると、貿易や軍事活動などの問題に対するマイナーな意見の違いが制御できないほど拡大するのを防ぐことができます。

確かに、サミットの共同声明は、このギャップを解消することに制限があることを反映しています。 北朝鮮の衛星発射挑発を直接的に非難することを避け、アプローチに対する粘り強い見解を反映して安全保障協力強化のための具体的な提案もしなかった。 北朝鮮の核野望。 台湾海峡に関連する地域安全保障を含む他の意見の違いがある分野は、緊密な協力に障害物として残っています。

しかし、会話チャネルを再起動すること自体が重要な基盤を築きます。 ほぼ5年間プロセスが中断された後の第三者会議の最大の成果は、外交、経済的相互依存性、および地域の安定が依然として紛争より優先されるという競争相手間の基本的な約束を復元したことです。

危機管理の基盤から隣人間の協力に移行するには、多くの障害が残っています。 会話を通じて質の高い緊張を和らげるのは始まりに過ぎません。 しかし、中国、韓国、日本は外交的凍結状態に後退するのではなく、会話を続けると約束することで、新しい会話プロセスが続くことができれば、より建設的な道の扉を開いた。 会話が再開されました。 これで実際の作業が始まります。

パク・ジンワンはワシントンに居住する外交政策研究員であり、中国清華大学のシュバルツマン奨学生だ。

READ  ブラジル、日本、初のオミクロン事例報告
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours